ほうれい線が消えて「実年齢よりも若くみられたい」という想いを持っている女性は決して少なくないでしょう。

今回は、ほうれい線を消して若くみられるための秘訣を紹介していきます。

ほうれい線に悩んでいる女性はぜひチェックしてみてくださいね。

ほうれい線を消すための対策方法

リガメントのマッサージ

40代になりほうれい線が気になり、ほうれい線が消える方法について知りたいか方もいますよね。

下記の功にて、ほうれい線を消す方法について詳しく紹介しますので参考にしてみて下さい。

リガメントマッサージ

リガメントマッサージとは、ほうれい線を改善する効果のあるマッサージです。

リガメントとは、骨と皮膚を繋ぐ点のことです。

リガメントは顔を支える支柱のような役割をしており、リガメントをほぐすことで血流の改善や筋力アップ、たるみやシワの解消、そしてほうれい線の解消効果があると言われています。

顔には全部で5つのリガメントがあり、リガメントを指の腹を使って優しくほぐしてあげることをリガメントマッサージと呼んでいます。

ほうれい線に関係するリガメントは上顎リガメントと呼ばれ、頬骨のすぐ下で口角の少し上にあります。

この部分を中指と薬指を使って円を描くように5秒程度優しくマッサージしてください。

リガメントマッサージは、毎日5セットほど繰り返せば十分効果が期待できます。

マッサージは短時間ですませよう

リガメントマッサージはやりすぎに注意です。

というのも、リガメントはとてもデリケートな部分であり、やりすぎてしまうと損傷してしまう可能性があります。

損傷してしまうと逆効果になってしまうので、先ほども書いたように5秒を5セット行うようにしましょう。

また肌への摩擦を和らげるためにも、リガメントマッサージを行う前には化粧水を顔になじませてから行いましょう。

リガメントマッサージは手軽に行えるほうれい線対策です。

しかしやり方を間違ってしまっては逆効果になる可能性もあります。

リガメントマッサージを行う際は、正しいやり方で行うようにしてくださいね。

舌回しエクササイズ

舌回しエクササイズは、簡単にほうれい線対策ができる人気の方法です。

まず口を閉じた状態で左回りに舌を歯に沿って20回まわします。

続いて反対方向にも20回まわします。

左右行なって1セットとなり、1日3セット行うのがベストです。

人前でやってしまうと変な人だと思われてしまうので、誰もいないところでこっそりとやってくださいね。

表情筋が弱い場合には、10回程度できつくなってしまうこともあります。

もし20回に到達することなく疲れてしまった場合には、無理をせずそこでやめてください。

無理をしてしまうと、正しいフォームで行えなくなり、顔が歪んでしまったりほうれい線がより深くなってしまったりする可能性があります。

ほうれい線がより深くなったという人もいるので注意

舌回しエクササイズを行って、逆にほうれい線が深くなったという声もあります。

舌回しエクササイズでほうれい線が深くなってしまう原因は、舌回しエクササイズが全てのほうれい線ができる原因の解決策ではないためです。

ほうれい線ができる原因には、表情筋が衰えている、皮膚のハリや弾力が低下している、乾燥肌で皮膚がたるんでいるなど様々なものがあります。

舌回しエクササイズは、表情筋が衰えていることが原因でほうれい線ができてしまっている人には効果が期待できますが、そのほかの原因がある場合には逆効果になってしまう可能性があります。

舌回しエクササイズをやっていて効果が実感できない、逆効果だという場合にはすぐに別の方法に切り替えるようにしましょう。

ほうれい線に効果的なツボについても詳しく知りたい方はこちらの記事もご覧ください。

ほうれい線を消すために原因を知ろう

ほうれい線が深くなる原因

ほうれい線が深くなってしまうと、取り除くのが大変になりますし、ほうれい線が目立って老けて見られてしまいます。

ではどうしてほうれい線は深くなってしまうのでしょうか?以下、ほうれい線が深くなる原因や、やってはいけない習慣を5つ紹介します。

  1. 横向きで寝る
  2. スキンケアの方法やタイミングを間違える
  3. あまり笑わない
  4. 顔のマッサージをしない
  5. 食事中にしっかり噛まない

横向きで寝る

横向きで寝るという方は要注意です。

横向きで寝てしまうと、下側のほうれい線が深くなる可能性があります。

寝るときは、できるだけ仰向けで寝ることをおすすめします。

スキンケアの方法やタイミングを間違える

お肌のケアはほうれい線を深くしないためにとても大切です。しかし、スキンケアの方法やタイミングを間違えてしまうと効果が得られなくなってしまいます。

お風呂でクレンジングした後はすぐに化粧水で保湿することが大切です。

また定期的にパックを行うのもとても効果があります。

パックには普段のスキンケアでは補えない栄養成分が含まれており、少なくとも週に1、2回はパックをするのがおすすめです。

あまり笑わない

笑う回数が少ないと、顔の筋肉である表情筋がたるんでしまいます。

表情筋を鍛えるために、毎日笑顔で過ごすことを意識して生活しましょう。

顔のマッサージをしない

加齢によってお肌はどんどん老化していきます。お肌の老化を防ぐためにも、毎日の顔のマッサージは行うようにしてください。

自分の指で行うのもいいですが、美顔器を活用するとより効果を実感できます。

食事中にしっかり噛まない

食事中の咀嚼回数も肌のたるみにつながってきます。

咀嚼回数が多ければ多いほど、表情筋を使っていることになるため、顔がたるみにくいと言えます。

またよく噛めば噛むほど少ない食事で満腹感を味合うことができるため、ダイエットにもなります。

上記5つは、日常生活で何気なくやってしまう可能性があるため、しっかり意識してやらないようにしましょう。

化粧品でほうれい線対策

ほうれい線対策

化粧品を変えるだけでほうれい線が消えたという方もたくさんいます。

以下、ほうれい線の対策に効果的な化粧品はどんなものなのか解説していきます。

ほうれい線対策には保湿が大切

ほうれい線ができてしまう原因の一つに、肌の乾燥があります。乾燥肌に顔ヨガや顔ダンスのような対策を行ってもあまり意味はありません。

乾燥肌からくるほうれい線には、保湿成分を多く含んだ化粧品を活用することが非常に効果的です。

ほうれい線を改善する化粧品の選び方

ほうれい線を改善する化粧品に欠かせないポイントは、保湿ケア成分とエイジングケア成分が含まれているかどうかです。

保湿ケア成分には、セラミドやヒアルロン酸などがあり、エイジングケア成分には、レチノールやアスタキサンチンなどがあります。

ほうれい線を改善する化粧品を探している方は、保湿ケア成分とエイジングケア成分が両方含まれているものを選びましょう。

自分に合った方法でほうれい線を消そう

ほうれい線ができる原因は一つではありません。

ほうれい線ができる原因には、乾燥や紫外線によるもの、偏った食生活によるもの、老化によるものなどがあります。

ほうれい線を消すためには、原因を特定し原因にあった改善策を行うことが大切だと言えます。

今回はほうれい線を消すために行うべき対策を3つ紹介しました。

今回紹介した方法の中から、自分にあったものを選んでぜひ実践してみてくださいね。