ほれれい線が気になり、ほうれい線の原因を知りたいという方もいるのではないでしょうか?

いつまでも美しく保つために肌のケアは欠かせません。ほうれい線ができてしまうと、実年齢よりもどうしても老けて見えてしまいますよね?

今回は、年代別にほうれい線ができてしまう原因について解説していきます。

ほうれい線の原因には4つが関係している

ほうれい線が目立つ

ほうれい線が目立ってしまうと、どうしても実年齢より老けて見えてしまいます。以下、ほうれい線ができてしまう原因を4点紹介していきます。

  1. 乾燥が原因でほうれい線ができる
  2. 紫外線が原因でほうれい線ができる
  3. 喫煙が原因でほうれい線ができる
  4. 偏った食生活でほうれい線ができる

乾燥が原因でほうれい線ができる

肌が乾燥したまま放置してしまうと、頬のたるみが進行し、消えにくく目立つほうれい線が出来上がってしまいます。

よって敏感肌の方は特に対策が必要です。肌の乾燥を防ぎ、保湿のお手入れを欠かさないことがほうれい線予防に効果的です。

紫外線が原因でほうれい線ができる

紫外線は日焼けやシミ、そばかす以外にも肌に大きなダメージを与えています。波長の長いUV-Aと呼ばれる紫外線は、肌の奥まで浸透し、コラーゲンやエラスチンといった肌に弾力を持たせる成分を減少させてしまいます。結果として皮膚がたるんでしまい、ほうれい線やシワができてしまうのです。

喫煙が原因でほうれい線ができる

タバコは全身の毛細血管を収縮させてしまうため、血液の循環を悪くしてしまいます。血液の循環がうまくいかないと、肌にしっかりと栄養が行き届かないため、肌の老化を早めてしまいます。

偏った食生活が原因でほうれい線ができる

偏った食生活もほうれい線ができる原因です。特にビタミンCの不足が肌に与える影響は大きく、ハリや弾力のない肌になってしまい、ほうれい線ができてしまいます。

大切なのは、栄養バランスのとれた食事を適量摂取することです。ほうれい線を作らないためには、上記の4点には気をつけることが大切です。

美肌に即効性がある食べ物について詳しく知りたい方はこちらの記事もご覧ください。

【関連記事】
美肌に効く食べ物で即効性があるものは?おすすめの栄養素をご紹介

20代のほうれい線の原因

20代のほうれい線

20代といえども、ほうれい線ができる可能性は十分にあります。以下、20代の方向けにほうれい線ができる原因と対策を紹介していきます。

20代は乾燥肌や無理なダイエットなどに注意

20代といえば、多くの方が結婚をする時期です。そのため、スキンケアには力を入れる年代と言えます。また美白効果を得るために、美白コスメを使っているという方も多いでしょう。

しかしほうれい線ができてしまうと、お肌のケアも台無しになってしまいます。

20代のほうれい線の原因となる要素は大きく2つあります。

1点目は乾燥肌です。肌が乾燥してしまうと、ほうれい線が目立ちやすくなってしまいます。

2点目は無理なダイエットによる食生活の乱れです。

痩せようとダイエットに励んでいる多くの女性が、偏った食生活をしています。食事制限によって体重は落ちるかもしれませんが、お肌はどんどん老化してしまっているので、無理なダイエットは禁物です。

20代のほうれい線の対策方法

乾燥肌は化粧水や化粧品などのコスメで簡単に対策ができます。乾燥肌にとって大切なのは保湿成分です。

人気があるないに関係なく保湿成分がしっかり含まれている化粧品や化粧水を使用すれば、乾燥対策は万全で、ほうれい線予防にも効果があります。

若々しく透明感のある肌を実現するためにも、ほうれい線対策はしっかり行いましょう。

30代のほうれい線の原因

30代のほうれい線

30代は肌に弾力性がなくなり始める時期です。30代には30代のほうれい線対策があるため、しっかり確認してみてください。

30代はたるみがはじまる時期

30代になると女性ホルモンが減少し、急激に肌に弾力性がなくなります。肌の弾力性を取り戻すには、表情筋トレーニングとスキンケアが効果的です。30代はまだまだ若いので、しっかりと対策を行うことで若々しい肌を手に入れることは可能です。

30代のほうれい線の対策

表情筋トレーニングを行うことによって、口周りの筋力が向上し、肌のたるみを解消する効果があります。表情筋トレーニングは決して難しいものではなく、鏡に向かって口を大きく開けたり、頬を持ち上げる動きをしたりするだけなので、誰にでもできます。

また肌に弾力を持たせるために、サプリメントを活用する選択肢もあります。

例えば、アスタキサンチンという成分は、肌の弾力に効果がある成分として有名です。また美白有効成分が含まれているものを選ぶことで、美白ケアにもなります。

40代のほうれい線の原因

40代のほうれい線

40代のほうれい線は、顔のたるみが大きな原因です。加齢に伴ってたるみが出てしまうのは仕方がないことです。しっかりと対策をするかどうかで見た目に大きな違いができるため、しっかりと対策をすることをおすすめします。

40代は肌機能が衰える時期

40代になると、加齢によってだんだんと肌機能が衰えてきます。結果としてしわやシミができてしまうことも少なくありません。

また若いうちには気にならなかった乾燥肌に悩まされる方もたくさんいます。さらに若いうちに浴びた紫外線のダメージが肌に現れるのも40代からだと言われています。上記からわかるように、40代はお肌にとって大きな転換期だと言えます。

40代のほうれい線の対策

お肌の転換期であるからこそ、しっかりと対策をするかどうかで大きく変わってきます。40代のほうれい線対策に最も効果的なのは、丁寧なスキンケアです。40代の肌は水分量がそうしても少なくなってしまうので、十分すぎるほどの保湿が効果的です。

スキンケアの方法としては、洗顔をした後の綺麗な肌には化粧水を十分な量与える、そして美容液などで栄養を与えることが非常に重要になってきます。

女性ホルモンの減少が著しい40代では、予防だけではなく、お肌にプラスアルファをしなければ美を維持をするのは難しいでしょう。

ほうれい線を消すツボについても詳しく知りたい方はこちらの記事もご覧ください。

【関連記事】
ほうれい線を消すツボはここ!自宅でできるケアを紹介

ほうれい線を深くしないための対策方法

ほうれい線ができたまま放置してしまうと、ほうれい線が深くなってしまい、取り除くのが難しくなってしまいます。ほうれい線を深くしないためには、日々のケアが大切になってきます。ほうれい線を深くしない対策にはどんなものがあるのでしょうか?

日焼けや乾燥などに注意しよう

ほうれい線を深くしないためには、日焼けや乾燥への対策が欠かせません。

日焼けをしてしまうということは、紫外線をたくさん浴びているということであるため、肌にとっては悪影響を及ぼします。また乾燥した肌をそのまま放置してしまうと、たるみやすい肌質に変化し、ほうれい線が目立ちやすくなります。

日焼け止めを塗る、保湿成分が含まれた化粧水を使用するなどの日々の対策が大切です。

スマホの使いすぎやストレスもほうれい線の原因

現代人には欠かせないスマホもほうれい線が深くなる原因となってしまいます。スマホを見る際、多くの人が下を向いてみています。下を向く姿勢はアゴの関節をずらし、結果としてほうれい線が深くなってしまうのです。

また過度なストレスもほうれい線を深くする可能性があります。ストレスによって私たちの体はたくさんの影響を受けてします。

ストレスによって受ける悪影響には、血管の収縮、免疫力の低下、細菌増殖機能の低下などがあり、肌のターンオーバーを乱れさせてしまう可能性があります。

肌のターンオーバーが乱れてしまうと、肌にハリやツヤがなくなる、肌にたるみが出るなどの悪影響があります。結果として、ほうれい線を深くすることにつながってしまうので。

ほうれい線を深くしないためにも、スマホの使い方やストレスには十分気をつけましょう。

原因を知って年代に合ったほうれい線対策をしよう

ほうれい線ができる原因は年齢によって異なります。今回の記事では、ほうれい線ができる原因を年齢別に紹介し、その対策まで解説してきました。

ほうれい線ができてしまうと実年齢よりも老けて見えてしまうため、しっかりと自分にあった対策を心がけるようにしましょう。