体調はいつも通りなのに、お肌の調子が悪く顔色が悪く感じている人はいませんか?

それは肌のくすみが原因かもしれません。

くすみのタイプによってケアが変わるため、単にくすみ用の化粧品を使っても思うような効果が得られません。

くすみ肌のタイプの見分け方と原因別の解消方法を紹介します。

くすみ肌とは?

くすみ肌とは

くすみ肌とは肌が透明感が無くなる肌状態のこと指します。

肌の表面状態悪化や、血行不良により肌の赤み減少、メラニン量の増加によって肌のくすみを引き起こします。

くすみ肌の原因を紹介

くすみ肌について

くすみをじっくりと観察すると、肌のハリが失われてベースとなる色があることに気づくでしょう。ベースとなる色によって、くすみ肌になる原因や対処法も変わります。

くすみ肌になる原因を解説致します。

くすみ肌の原因には乾燥が関係

肌が乾燥すると肌表面のキメが乱れ、光が乱反射することによりくすんで見えます。

また肌が乾燥すると肌のバリア機能が低下し、それを補うために皮膚が厚くなり「角質肥厚」と同じ状態になります。

他にも肌がこすれ摩擦が起こることによる炎症性色素沈着もくすみの原因です。

くすみ肌の原因には糖化が関係

血液中に含まれる余分な糖は、コラーゲンなどの肌内部にあるタンパク質と結合し、終末糖化生成物と呼ばれる物質を作ります。

過剰な糖質がタンパク質と結合する過程を“糖化”と言いますが、糖化の原理は糖質が含まれた食べ物が焦げるのと同じです。

糖化によって生成される終末糖化生成物も、茶色っぽく焦げたような色をしています。皮膚内に終末糖化生成物が大量に発生すると、顔は黄色~茶色のくすんだ色調になってしまうのです。

くすみ肌の原因には角質肥厚が関係

老化によっても、糖化とカルボニル化は進行します。今までくすみ知らずの美肌をほこってきた女性も、糖化とカルボニル化が進むことで黄色っぽくくすんでしまいます。

また、年齢とともに乾燥と角質肥厚(皮膚のもっとも外側の角質層の厚みが増すこと)が進んで透明感がなくなることも、黄くすみの原因の1つです。

また、シミの原因にも繋がります。

くすみ肌の原因には血行不良が関係

くすみ肌の原因には睡眠不足や体調不良も関係しています。睡眠不足や体調不良によって血液に酸素が足りなくなります。

血液の色が暗っぽくなり肌が青くくすみんで見えてしまう事が関係しています。

肌のターンオーバーも関係している

ターンオーバーにより古い角質が剥がれ落ちて、新しい表皮が出てきます。

ターンオーバーが乱れてしまうと、本来剥がれ落ちる角質が、そのまま肌に残ってしまい肌のくすみに繋がってしまいます。

【くすみの原因まとめ】

  • 肌が乾燥してキメが乱れ、光が乱反射するで肌がくすんで見える。
  • 糖化により黄色~茶色のくすんだ色調になる。
  • 老化により糖化とカルボニル化は進行して肌のくすみが進む。
  • 角質肥厚が進み、肌の透明感が無くなる。
  • くすみ肌の種類とポイント紹介

    くすみ肌の種類について

    くすみ肌の種類を紹介します。くすみ肌の種類には大きく分けて、「黄くすみ肌」「青くすみ肌」「色素沈着による肌のくすみ」があります。

    1つ1つのくすみ肌を解説していきます。

    老化が原因の黄くすみ肌

    くすみがうっすらと黄色っぽいことを黄ぐすみと呼ぶこともあります。黄色のトーンが濃く、茶色っぽく見えるときもあるでしょう。

    黄色~茶色のくすみは、肌の糖化とカルボニル化、そして老化が原因となって生じます。

    血行不良による青くすみ肌

    肌をじっくりと観察してください。青っぽくくすんでいませんか?青くすみは、血行不良によって起こります。

    顔がいつもひんやりと冷たい人も、血行不良による青くすみが起こりやすい傾向にあります。

    色素沈着による肌のくすみ

    紫外線を浴び続けると、肌の最下層にあるメラノサイトが刺激され、メラニン色素を放出します。メラニン色素は褐色ですので、大量に産生されると肌全体を黒くくすんだように見せてしまいます。

    【くすみの種類まとめ】

  • 老化が原因によって肌が黄色く見えてしまう【黄くすみ肌】
  • 血行不良や冷えを感じやすい人が起こりやすい【青くすみ】
  • 紫外線が原因によって引き起こる【肌のくすみ】
  • くすみ肌の対策方法

    スキンケア商品を正しく使いましょう

    くすみ肌の対策方法には以下の方法があります。

    • 温感マッサージや炭酸洗顔
    • リンパの流れを良くするフェイスマッサージ
    • 生活習慣を見直す

    温感マッサージや炭酸洗顔

    温感マッサージや炭酸洗顔

    血行不良によって起こる青くすみが気になる方は、肌の温度を上げて血行を促進させることが必要です。

    温感マッサージクリームを日々のお手入れに加えてみるのはいかがでしょうか。また、炭酸成分が入った洗顔料も、血行を促進する効果があります。

    近年、化粧品業界では炭酸の効果に注目が集まっていますので、バラエティストアやドラッグストアで売られている洗顔料だけではありません。

    デパートで売られている高級ブランドの洗顔料にも炭酸が含まれているものが増えていますよ。

    リンパの流れを良くするフェイスマッサージ

    顔の血行を促進して青くすみを撃退するためにも、リンパの流れをよくするフェイスマッサージをしましょう。

    リンパ液は皮膚のすぐ下を流れていますので、ごく弱い力でゆっくりとマッサージすればOKです。フェイスラインの外側や首筋も丁寧に流してくださいね。

    肌に良い食生活を心がける

    人間は食べたもので作られています。食べ物に細心の注意を払うことは、肌の状態や体調の改善には欠かせないことと言えるのです。

    特にビタミンCには強い抗酸化パワーがありますので、意識的に摂取することで、糖化とカルボニル化を防ぐことができますよ。

    生活習慣を見直す

    生活習慣によって肌の調子を大きく変えることができます。

    丁寧な洗顔とスキンケア、そして、バランスの良い食事と良質の睡眠を続け、たばこなどの体を害する習慣から遠ざかってください。また、ストレスを溜めない事も肌の調子を大きく変えます。

    肌に良い生活習慣を積極的に取り入れて、美しく暮らしていきましょう。

    【くすみの対策まとめ】

  • 温感マッサージや炭酸洗顔で肌の温度を上げて血行を促進させる。
  • 顔の血行を促進するリンパの流れを良くするフェイスマッサージ。
  • 肌に良い食生活を心がける。
  • 肌に良い生活習慣を積極的に取り入れる。
  • スキンケアを行う

    くすみの種類によって、スキンケア方法が異なります。くすみに合わせた適切なスキンケアを実施していきましょう。

    また、スキンケアは特効薬ではありません。スキンケアによって肌を保湿する事が重要です。

    数回ケアをしたからといってくすみが消滅するわけではありませんので、丁寧なケアを長く続けることを心に留めてください。

    もちろん、皮膚に赤みや腫れなどの症状が出るときや違和感を覚えるときは別です。

    すぐに使用を中止し、皮膚科に行って、適切なケアを受けましょう。

    化粧品に含まれる成分に反応した可能性がありますので、病院に行くときは化粧品現品か成分が分かるものを持っていくことをおすすめします。

    エイジングケア化粧品を使う

    糖化やカルボニル化も、いずれも肌老化によって促進します。

    黄くすみが気になりだしたら、化粧水や美容液、クリームなどの基礎化粧品をエイジングケア化粧品に変えてみてはいかがでしょうか。

    美容成分入りのクレンジング料や洗顔料の中にはエイジングケア効果の高いものもありますので、顔を洗う時点からエイジングケアをするのも良いですね。

    エイジングケアに焦点を当てた化粧品であっても、たくさん使えば高い効果を発揮するというわけではありません。

    使用量を守り、適切なタイミングと回数で、長期にわたってケアを続けていくようにしましょう。

    また、角質層の厚みが増して黄くすみが起こっている場合には、角質ケアをする必要があります。

    老化角質がやわらかくなる酵素配合の洗顔料をスペシャルケア的に使用してみてはいかがでしょうか。

    皮膚が柔らかくなると化粧品の浸透も高まりますので、ターンオーバーも正常化し、スキンケア化粧品の効果も高まりますよ。

    酵素は毛穴の汚れにもアプローチしますので、肌の透明感がさらに高まります。

    また、乳液も正しい使い方をする事によりクスミのケアポイントとなります。

    まとめ

    くすみの原因には「肌の乾燥」「糖化」「角質肥厚」「血行不良」が関係しています。くすみの原因についてと正しく理解して対策を行う事により、くすみ肌が改善されます。

    くすみ肌に悩んでいる方は自身の肌の状態を確認しましょう。