40代になると、急に痩せにくくなります。それどころか、生活が何も変わっていないのにお腹周りに体脂肪がつきやすくなります。

40代におすすめのダイエットとはどのようなダイエットなのか、どのような食事が良いのかまとめました。

40代のダイエットにおすすめの食事

20代、30代の頃は、少し食事を減らすだけでも体重が簡単に落ちますよね。

しかし、40代になると、食事を減らしても、運動をしても、体重も体脂肪率も微動だにしないようになってしまいます。

やはり、アラフォー女性に適したダイエットをする必要があるのです。

40代のダイエットは、たんぱく質と水分、タイミングの3つに注目して進めていかなくてはなりません。

たんぱく質は必ず摂取する

筋肉量が落ちてしまうと、身体がたるんで見えるだけでなく、基礎代謝が低下して内臓脂肪や中性脂肪を貯めこみやすい身体になってしまいます。

筋肉量を低下させないためにも、たんぱく質をしっかりと摂取するようにしてください。

動物性たんぱく質も必要ですが、部位を気にせずに食べると、たんぱく質だけでなく脂肪分も摂取してしまいます。

鶏肉のささみや皮をとったもも肉、脂身の少ない赤身の牛肉などを中心に食べるようにしましょう。もちろん、豆腐や豆乳などで植物性たんぱく質を摂取することもおすすめです。

スープを必ず飲む

ダイエット中に不足しがちな栄養素として、食物繊維を挙げることができます。

食物繊維は体内の老廃物排出に役立つだけでなく、食物繊維自体が水分を含んで膨らむため、満腹感を得るためにも欠かせない素材です。

食物繊維は野菜やキノコ類に多く含まれていますが、野菜やキノコは嵩が高いためお腹にたまるため、たくさん食べるのは難しいですよね。

しかし、スープや鍋にすれば、たくさんの野菜やキノコを一度に食べられます。

しかも、スープ自体を飲むことで体が温まり代謝をアップさせることもできますし、豊富な水分を摂取することも可能です。

満腹感を得るためにも、不足しがちなビタミンや食物繊維などの栄養素を補給するためにも、ダイエット中はスープをメインとした食事をしてください。

コンビニ食品でも手軽にたんぱく質は摂れる

おにぎりやパンなどの手軽に摂れる炭水化物とは異なり、たんぱく質は調理が少し面倒だと感じるかもしれません。

しかし、少なくとも1日に1回程度なら、たんぱく質中心の食事ができるのではないでしょうか。

忙しいときは調理せずとも食べられるサラダチキンや豆乳ドリンク、プロテインバーなども活用してくださいね。

食べるタイミングが大切

食べたものが胃で消化されるまでに、少なくとも2~3時間はかかります。脂っこい消化の悪いものなら5時間ほどかかることもあります。

胃への負担を減らすためにも、就寝3時間前までには夕食を済ませたいものですね。

40代が痩せにくくなる理由

そもそもなぜ40代は痩せにくいのでしょうか。主な理由としては、基礎代謝の低下と女性ホルモンの乱れ、そして、生活習慣の悪化を挙げられます。

基礎代謝の低下

基礎代謝が高いということは、燃費が悪いということでもあります。生きていくために必要なカロリー摂取量が多く、食べ物を食べても脂肪として蓄積されにくいのです。

自動車は燃費が良い方が良いですが、ダイエットしたい人にとっては燃費が良いことは嬉しいことではありませんよね。

痩せたいのなら、燃費の悪い身体、つまり、消費カロリーが多い基礎代謝の高い身体を目指さなくてはなりません。

しかし、基礎代謝は加齢とともに低下してしまいます。20代の頃と同じ食事量を続けているなら、確実に太ってしまうのです。

「40代になったから基礎代謝が落ちた」ということを意識し、食事量を徐々に減らしていきましょう。

女性ホルモンの乱れ

40代になると、更年期を迎える人も増え、女性ホルモンの分泌量が減少してしまいます。女性ホルモンの中でもエストロゲンは、脂肪蓄積を抑制する効果も持つホルモンです。

エストロゲンの分泌が減ることで脂肪がつきやすくなり、悪玉コレステロールが生成されやすい身体になってしまいます。

「脂っこいものぱかり食べているわけではないのに、なんだか太りやすくなった」と感じているのなら、ホルモンバランスが乱れて女性ホルモンの分泌量が減少したからかもしれませんね。

生活習慣の悪化

40代は人生においてもっとも忙しい時期とも言えます。

自分だけのことを頑張っていればよかった10代、20代とは異なり、家族の世話や責任ある仕事など、気にしなくてはいけないことや手をかけなくてはいけないことが山のようにあります。

あまりにも忙しくて昼食が食べられず、夜にまとめてたくさん食べてしまうという人も多いのではないでしょうか。

また、ストレスが増えると食事量が増える人も多いですよね。

ストレス解消のために暴飲暴食をし、翌日は後悔して、さらにストレスが溜まる・・・といった悪循環を繰り返している女性も多いでしょう。

ストレスをためないことも大切ですが、睡眠不足や運動不足も痩せにくくなる1つの要因です。ダイエットを意識したときに、生活習慣も見直してみてはいかがでしょうか。

健康的に痩せるために

ダイエットとは、元々食事療法という意味の言葉です。

食事によって健康な体を作ることを目標とする療法ですので、食事量を極端に減らして不健康な身体・外見になってしまうのでは意味がありません。

健康的に痩せるためには、次の2点に注意してください。

過度なダイエットは禁物

早く痩せたいと思うのは悪いことではありませんが、急激に糖質などのエネルギーになりやすい食事を減らしたり、水しか飲まないといった極端なダイエットは禁物です。

食べる量を極端に減らすと、生きていく活力もなくなってしまいますので、やる気がなくなったりイライラと怒りっぽくなったりするというデメリットもあります。

また、極端なダイエットは長続きしないというデメリットもあります。

長期的にゆっくりと体重を減らしていくなら健康な状態で痩せることができますが、一時的に飢餓状態になるような極端なダイエットをすると、少しの食べ物でも脂肪として蓄えられるようになり、すぐにリバウンドしてしまうことにも繋がります。

やつれて疲れた印象になることも

痩せてきれいになるために、ダイエットを成功させたいのですよね?やつれて疲れた印象になってしまうことや、シワが増えて老けてしまうことは絶対に避けたいはずです。

40代がダイエットをすると、「きれいな痩せ」ではなく、顔の肉がげっそりと落ちて「やつれ」や「老け」になってしまうことがあります。

健康的な痩せを目指すためにも、極端なカロリー制限などのダイエットは避け、たんぱく質を充分に摂取して、緩やかに食事量を減らしていくようにしましょう。

40代のダイエットは時間をかけてゆっくりと

40代は痩せにくくなりがちな年代です。しかし、いつまでも20代、30代の食生活や運動量を続けているならば、腰回りに余計な脂肪がついて体型変化が訪れます。

たんぱく質や食物繊維を積極的に摂取し、筋肉量を落とさないことを意識しながら徐々に摂取カロリー量を減らしましょう。

緩やかなダイエットをすることで、リバウンドしにくい美しい身体が完成するのです。