こんにちは。
美の本音研究所・管理人の麗子です。

毛穴の開きや黒ずみにはいくつかのケア方法がありますが、肌トラブル解決の基本はやはり洗顔。毛穴が目立たない美肌を獲得するためにも、まずは洗顔を極めましょう!

麗子

今回の記事では、毛穴の開きや黒ずみ対策に有効な洗顔の方法や、おすすめのクレンジング・洗顔料のご紹介をしていきたいと思います。

毛穴の開き・黒ずみに効果的な洗顔方法

肌についた汚れ・メイク・皮脂・汗などを放置すると、肌への刺激となり、トラブルのもととなります。

洗顔の目的は、これらを洗い流すことにありますが、間違った洗顔をしてしまうと毛穴を始めとする肌トラブルの元にもなってしまうので注意が必要です。

まずは、洗顔の基本を確認しておきましょう。

正しい洗顔方法とその注意点について

毛穴のつまりに効果的な洗顔方法

 

メイクをした日は必ずクレンジングを使用すること

朝起きたときやメイクをしていない時は、洗顔だけでも問題はありません。

しかし、パウダーファンデーションやクリームファンデーションでベースメイクをしたときは、必ず丁寧にクレンジングをするようにしましょう。

カバー力が強いファンデーションを塗ったときは、いつも以上に丁寧なクレンジングを。特にカバー効果が高いシリコン系のリキッドファンデーションやコンシーラーを塗った時は、メイクが残りやすいので注意が必要です。

また、ウォータープルーフタイプの日焼け止め・化粧下地・BBクリーム・CCクリームといったアイテムも、通常の洗顔料だけではキレイに落とせません。

ファンデーション自体を塗らなかったとしても、必ず丁寧にクレンジングをするようにしてください。

泡洗顔を心がけ、こすらないこと

洗顔時に肌をこすってしまうと、それが刺激となって肌荒れの原因となってしまいます。

特に、黒ずみが気になる方は汚れをしっかり落とそうとこすりがちなのですが、これはNGです。

手を逆さにしても落ちないくらいの「泡立て」を行い、その泡で顔を包み込むように洗いましょう。

手の圧力で顔の皮膚が動いてしまうようだと力がかかりすぎています。皮膚を直接こすらない様に、丁寧な泡洗顔を心がけましょう。

もちろん、洗い流したあとも、タオルでごしごしと強くこすってはいけません。タオルで顔全体を包み込むように押し、水気を取り除いてください。

すすぎ残しをしないこと

クレンジングや洗顔料肌に残ったままになっていると、肌への刺激となり、肌荒れの原因になってしまいます。

どんなに肌に優しい成分のクレンジングや洗顔料であったとしても、すすぎはしっかりと行い、すすぎ残しがないように気をつけましょう。

洗顔はぬるま湯で行うこと

洗顔に最適なお湯の温度は、30度前後のぬるま湯がベストです。温度調節が難しい場合は、「お湯にしては少し冷たいかな?」と感じる程度が目安になります。

これ以上熱いお湯の場合は肌に必要な皮脂まで落としてしまう原因となり、これ以上冷たい水の場合は汚れや皮脂が落ちにくくなってしまいます。

すすぎが終わるまで、ぬるま湯の温度をキープするようにしましょう。

洗顔のしすぎに注意!

キレイな毛穴をキープするために洗顔はとても重要ですが、洗顔のしすぎは肌荒れや乾燥の原因になってしまいます。

洗顔は朝夕2回、しっかりと泡立てること、洗い流すこと、そしてタオルでごしごし拭かないことに注意しましょう。

もちろん、洗顔後の保湿も大切なポイントです。美容液や保湿クリームを丁寧な塗り方で適量使い、肌表面と内部を潤わせましょう。

麗子

ここまでの基本を押さえた上で、「毛穴の開き」「毛穴の黒ずみ」という悩み別に行いたい洗顔時のひと工夫もご紹介します!

毛穴の開きが気になる方は洗顔の最後に冷たい水ですすぐ

洗顔の基本はぬるま湯ですが、最後の仕上げに冷たい水ですすぐと毛穴が引き締まります。毛穴の開きが気になる方は、仕上げだけ冷水をつかう洗顔方法を試してみてください。

洗顔後のスキンケア時に、冷やしたローションパックを使うのもおすすめです。

毛穴の黒ずみが気になる方は洗顔後のオイルケアを

毛穴の黒ずみや詰まりが気になる方は、洗顔時に無理に除去しようとせず、洗顔後にオイルケアをしてあげると肌に負担をかけずに角栓の除去ができます。

詳しくはこちらの記事でご紹介していますので、参考にしてください。

鼻の毛穴に黒ずみ角栓が!その原因と正しく除去するためのケア方法(内部リンク)

自分にあったクレンジング・洗顔料の選び方

洗顔料の選び方正しい洗顔方法を理解したら、自分にあったクレンジングや洗顔料を選びましょう。

クレンジングと洗顔料は分けるべき?

“ダブル洗顔不要”と記されているタイプの洗顔料を使うならクレンジングは不要ですが、通常の洗顔料を使用する際はクレンジングが必要になります。

洗顔料・クレンジングどちらも「自分に合っている」と思えることが大切ですので、ダブル洗顔不要タイプと通常タイプを好みに合わせて選ぶようにしましょう。

肌トラブルが起きやすい人は敏感肌用洗顔料を

肌トラブルが起きやすい方や肌の状態がすぐに不安定になる方は、敏感肌用と記された洗顔料を選ぶことがおすすめです。

敏感肌用だからといって洗顔効果が低いわけではありませんので、通常の洗顔料と同じくしっかりと泡立てて顔をこすらずに使えばOK。

また、肌トラブルが起きやすい人は、毎日使うメイク用の小物が刺激になっている可能性があります。

フェイスパウダーやプレスとパウダーのスポンジ、ファンデーションブラシも、できれば毎日洗うようにしてください。

毛穴が黒ずみ角栓で詰まりやすい人は酵素入り洗顔料を

角栓の詰まりが肌悩みの方は、酵素入り洗顔料を使ってスキンケアしてみてはいかがでしょうか。

酵素入りの洗顔料は通常の洗顔料よりも洗浄効果が高いので、角栓の詰まりや皮膚のざらつきの早期解消が期待できます。

ただし、毎日使い続けると、肌にとって必要な皮脂や常在菌まで洗い流してしまう可能性があるため、週に1度程度のスペシャルケアとして取り入れることをおすすめします。

毛穴ケアにおすすめのクレンジング・洗顔料10選!

最後に、当サイトおすすめのクレンジング・洗顔料をご紹介します!

麗子

クレイや酵素が配合されているものからホットクレンジングまで、色々な商品をご紹介していきますね。

アイムピンチクレンジング

毛穴の汚れはしっかり洗い流したいけれど、洗顔後の乾燥が気になってしまう・・・このようなお悩みの方におすすめなのが「アイムピンチクレンジング」です。

毛穴の黒ずみを解消するには、毛穴に入り込んだメイク汚れをきれいに落としきることが大切。

アイムピンチのクレンジングは「液晶構造」という特殊な構造で、粒子の大きさが従来のクレンジングのわずか20分の1と小さいため、メイク汚れも洗浄成分もお肌に残さないという特徴があります。

オイル並みの洗浄力とミルク並みの低刺激という「良いとこ取り」をしているので、毛穴をしっかりと洗浄しながらお肌への優しさを実現しています。

これ1本でメイク落としと洗顔が可能なので、忙しい女性にもおすすめです。

>>アイムピンチクレンジングの詳細はこちら

オルビスユー ウォッシュ

「オルビスユー ウォッシュ」は、モロッコ溶岩クレイが配合されたブースター洗顔料。

溶岩クレイが、毛穴の奥深くの汚れまで吸着するので、スッキリと汚れを洗い上げることができます。

また、オルビスユーは「水を巡らせる力」に注目しているのも特徴です。

お肌にうるおいとハリ感を与える保湿成分が配合されているので、乾燥による毛穴の開きを防ぐことができます。

>>オルビスユー ウォッシュの詳細はこちら

フィトリフトホットクレンジングジェル

「フィトリフトホットクレンジングジェル」は、お肌に伸ばすと温感効果で毛穴を自然に開き、汚れを優しくオフすることができるクレンジングジェルです。

オリジナルの潤い成分「フィト発酵エキス」をはじめ、91.2%の植物由来の美容成分を配合しており、メイクをしっかり落としながらも乾燥しないのが特徴です。

>>フィトリフトホットクレンジングジェルの詳細はこちら

マナラホットクレンジングゲル

「マナラホットクレンジングゲル」は、オレンジの香りが特徴のホットクレンジングジェル。

温感ゲルとして国内売り上げシェア第一位と知名度も高く、とても人気のクレンジングです。

ホットクレンジングでお肌を温め、毛穴の奥の汚れを確実に取りながらも、ヒアルロン酸・スクワラン・セラミドといった91.3%もの美容成分が、お肌を守ってくれます。

>>マナラホットクレンジングゲルの詳細はこちら

どろあわわ

「どろあわわ」は、どろの吸着力とお米成分の力で「お肌を柔らかく潤しながらほぐしていく」洗顔料です。

泥の吸着力を利用して、毛穴の奥の汚れをごっそり落とすのが特徴。

肌をほぐしながらケアする洗顔料なので、洗顔後に与えるスキンケアの成分の吸収が高まり、透明感のあるしっとりとしたお肌へ導いてくれます。

>>どろあわわの詳細はこちら

スイサイビューティクリアパウダーウォッシュ

「スイサイビューティクリアパウダーウォッシュ」は、2つの酵素&アミノ酸系洗浄成分が配合されている洗顔パウダーです。
酵素とアミノ酸の洗浄成分が、古いタンパク質や過剰な皮脂を取り去り、お肌をツルツルに整えます。

ただ汚れを取るだけでなく、潤いを守りながら洗うため、洗いあがりは突っ張りにくくなっています。

パウダーが1回分ずつ個包装になっているので、持ち運びにも便利です。

>>スイサイビューティクリアパウダーウォッシュの詳細はこちら

アンサージュアーティオイルクレンジング

毛穴対策スキンケアラインアンサージュの「アーティオイルクレンジング」は、オイルクレンジングならではのメイク落ちの良さで毛穴の奥から汚れを落とし、綺麗な毛穴に導いてくれます。

オイルなのに濡れた手でも使えるのも便利なところですね。

ただ落とすだけでなく、アーティチョークを中心とした、たくさんの美容成分でしっとりと洗い上げてくれます。

>>アンサージュアーティオイルクレンジングの詳細はこちら

コラージュ洗顔パウダー

「コラージュ洗顔パウダー」は、酵素配合の洗顔パウダーです。

酵素がお肌に不要な古い角質を優しくオフするので、毛穴の奥の汚れをかき出し、つるんとしたお肌に導いてくれます。

また、敏感な肌でも使える優しい処方となっていて、酵素洗顔であるものの、毎日のお手入れに使うことができます。

>>コラージュ洗顔パウダーの詳細はこちら

スキンビル

「スキンビル」は新感覚のホットクレンジングで、お肌に伸ばすと暖かさが広がり、黒ずみの原因である毛穴の奥の頑固な皮脂汚れを浮かして落とします。

また、99.7%とかなり高い割合で美容液成分が配合されているので、クレンジングしながらお肌をケアできます。

>>スキンビルの詳細はこちら

ビフェスタ炭酸泡洗顔

「ビフェスタ炭酸泡洗顔」は、濃密な炭酸泡が毛穴の奥まで入り込むことで、汚れやくすみを吸着します

また、炭酸を含んだ泡は、お肌の結構促進につながるため、明るく透明感のあるお肌に導いてくれます。

ヒアルロン酸配合なので、お肌に潤いを残しながら洗い上げます。

>>ビフェスタ炭酸泡洗顔の詳細はこちら

まとめ

正しい毛穴ケアは、正しい洗顔から。

ぜひ今回ご紹介したポイントを意識して、毛穴の悩みとサヨナラしてくださいね。

麗子

クレンジンや洗顔料は、ご自身の肌に合わせて使い分けることも大きなポイント。洗顔後は保湿スキンケアもしっかり行って、肌の表面と内部を潤わせることもお忘れなく!