毛穴、気になりますよね?特に視線が集まりやすい鼻周りは、毛穴も気になります。

また、毛穴に角栓が詰まりブツブツ状が多くなっている人もいますよね。

今回は毛穴の角栓ができる原因と対策方法について解説します。

毛穴に角栓ができる原因について

角栓予防

「こまめに洗顔をして皮脂を落としていれば良いのか」というと、正しくはありません。

最初にも述べましたが皮膚は肌にとって必要なものですので、必要以上に洗い流してしまうと、肌を乾燥させる原因になります。

また、肌自体が「皮脂が不足している」と察知して、過剰に皮脂を分泌するようになってしまいます。

適度に皮脂を洗い流し、そして肌が「皮脂が不足している」と判断しないようにたっぷりと保湿することが大切です。

古い皮脂を適度に落として適切な保湿をしているなら、皮脂が角栓になることはありませんし、汚れを巻き込んで黒ずむこともないのです。

毛穴の原因について詳しく知りたい方はこちらの記事もご覧ください。

毛穴の角栓を取る際の注意点

丁寧な洗顔と丁寧な保湿を続けていれば、角栓はなくなり、皮膚の黒ずみも改善されます。

しかし、今すぐ角栓を取りたいという方もいらっしゃいますよね?

正しい角栓の取り方を説明する前に、絶対に実施してはいけない方法を2つ紹介します。

  1. 押し出しやピンセットはNG
  2. 毛穴パックはやりすぎに注意

押し出しやピンセットはNG

指で角栓の周りに圧力をかけて角栓を押し出す人もいます。

角栓だけでなく白い脂のようなものも押し出され、なんとなくすっきりと爽快な気分になります。

また、角栓1つ1つをピンセットでつまんで引っ張り出す人もいますよね。

取った角栓をティッシュの上に並べて達成感に浸る気持ちは、なんとなく分からないものではありません。

しかし物理的に角栓を押し出したり引っ張り出したりするのは絶対にNGです。

角栓は非常に小さいものですので、取り去るときに爪やピンセットで肌を傷つけてしまいます。

また、指自体が汚れている可能性もありますよね。

角栓を抜いてできた穴に指についた汚れや雑菌が入り込むと、皮膚が炎症を起こしてしまうこともあります。

毛穴パックはやりすぎに注意

鼻の角質を根こそぎ取る毛穴パック。

爽快感は素晴らしいものですが、何度もすると毛穴が開きやすくなり、かえって毛穴の開きや角栓生成が気になるようになります。

毛穴パックをどうしても使いたいのなら、年に何度かのスペシャルケアにとどめておき、乾燥させる時間を守るようにしてください。

また、毛穴パックをすることで、肌はいつも以上に乾燥します。

パックを外したあとは、普段以上に念入りに化粧水や美容液などで保湿ケアをするようにしましょう。

ダメージの少ない方法でケアすることが大切

ダメージの少ない方法

毛穴パックをする場合は、なるべくシートの繊維が細かいお肌とシートが密着するものを使うのがおすすめです。

肌に刺激を与えないことを第一とし、ダメージの少ない方法でケアをしていきましょう。

肌に優しい角栓の取り方

では、肌にダメージを与えにくい角栓ケアの方法を紹介します。

いずれもダメージは少ないですが、それでも通常のケアよりは肌に刺激を与えますので、多くても週に1回程度に留めるようにしてください。

毛穴、気になりますよね?特に視線が集まりやすい鼻周りは、毛穴も気になります。

また、毛穴に角栓が詰まってブツブツ状になっている人もいますよね。

角栓を取って毛穴を引き締める正しいクレンジングとパックケアの方法を紹介します。

角栓と黒ずみができる原因

鼻周りを鏡でじっくりと見ると、肌に小さな凹凸がありませんか?この凹凸の正体が角栓です。また、毛穴をじっくりと見ると黒い粒状のものが見えませんか?

これを毛穴の黒ずみと言います。角栓や黒ずみがあると、肌の美しさは落ちてしまいます。美肌を完成させるためにも、角栓と黒ずみは徹底的に除去しなくてはなりません。

毛穴の黒ずみは角栓のせい

角栓は皮脂と汚れ、古い角質が混ざってできたものです。

黒い汚れが皮脂と混ざったり皮脂が酸化したりすると、黒い角栓、いわゆる黒ずみになります。

毛穴の黒ずみを取りたかったら、まずは色に着目するのではなく角栓を取る必要があるのです。

角栓ができる理由

皮脂は誰にでもあるものです。皮脂があることで肌が適度に潤い、また、皮脂のバリア機能が肌を刺激から守ります。

つまり、皮脂自体は人間にとって重要なものですし、必要なものでもあるのです。

しかし、皮脂は常に分泌されているものですから、適度に洗い流さないと皮膚を守るどころか皮膚の負担になってしまいます。

古くなった皮脂が洗い流されずに皮膚上に溜まると、汚れを巻き込んで固くなります。

この固くなったものが角栓なのです。角栓になってしまうと皮膚を潤わせる効果は低くなってしまいます。

また、紫外線も角栓ができる原因として考えられます。

綿棒とオイルでケア

 

オイルでケア

角栓は皮脂が固まってできているものですから、脂には油で対抗しましょう。

まず綿棒の先に美容オイルをたっぷりと浸します。

角栓部分に綿棒を当て、十分に油をしみこませると、角栓がポロっと取れます。

角栓を粗方取り除いたら、美容液等で保湿ケアをしてください。

ゴマージュ

ゴマージュとは天然のハーブや植物の種を使って、古い皮膚の角質を取り除く美容法のことです。

ゴマージュで顔を優しくこすり、顔の角質を取るのも良い方法です。

強くこすりすぎないように注意してください。

また、ゴマージュが肌に残っていると、肌に新たな刺激を与えてしまいます。

クレンジングかメイクも落とせる洗顔料できれいに取り除いてください。

肌の新陳代謝を高めよう

肌の新陳代謝が滞ると、角質が溜まりやすくなり、角栓ができやすくなります。

つまり、肌の新陳代謝を高めることで、角栓ができにくく黒ずみもできにくい肌になるのです。

新陳代謝を高める2つのポイントを紹介します。

ターンオーバーを正常に保とう

肌細胞は4~6週間ほどのサイクルで生まれ変わります。生まれ変わりのサイクルをターンオーバーと言いますが、ターンオーバーを正常に保つことで、常に瑞々しく美しい肌をキープすることができます。

ターンオーバーを正常に保つためには、規則正しい生活とこまめなスキンケアが欠かせません。美肌のためにも、生活リズムとケアを見直してみてはいかがでしょうか。

食生活に気をつけよう

食生活に気をつけよう

食生活も新陳代謝とは密接な関係があります。栄養のバランスを考え、まんべんなく何でもいただくようにしましょう。

皮脂の分泌を抑えるためにビタミンが大切

特に旬の野菜や果物には、ビタミンやミネラルが豊富に含まれています。季節ごとの味を楽しみつつ、美肌を作っていきましょう。

十分にビタミンを摂ると、ターンオーバーが正常化し、ニキビや吹き出物もできにくくなりますよ。

角栓のないきれいな肌を目指そう

皮脂は肌に必要なものですが、角栓や黒ずみは何のメリットもない不要物です。

しかし、だからと言って引っ張ったり強くこすったりして角栓や黒ずみを落とすと、健康な肌まで傷めてしまうことになります。

普段からこまめに洗顔と保湿を実施し、時間をかけて丁寧に角栓のないきれいな肌を作っていきましょう。