冬になり乾燥肌が気になる方も多いのではないでしょうか?

乾燥肌は食べ物や栄養素を補給するだけで改善できる可能が高いです。

今回は乾燥肌に効果的な食べ物やレシピ、栄養素についても解説します。

食べ物で乾燥肌を解決したいと考えている方は是非ご覧ください。

乾燥肌の主な原因は栄養不足

乾燥肌の食べ物

栄養不足になると、肌のターンオーバーの乱れや、肌の水分量を保つ天然保湿因子の減少が原因で乾燥肌になる可能性が高まります。

栄養不足になる原因はさまざまです。

  • 栄養バランスの偏った食生活
  • 寝不足など不規則な生活習慣
  • 加齢
  • 無理なダイエット

乾燥肌を改善するためには、ターンオーバーを正常に保ち潤いのある健やかな肌に整えることがポイントです。

肌に潤いを与える成分を含む食べ物をバランス良くしっかり摂りましょう。

乾燥肌を改善する食べ物を紹介

乾燥肌の食べ物
 

乾燥肌の改善ができる食べ物を紹介します。乾燥肌を改善するためには、栄養素がある食事をバランスよく摂取する事が重要です。

肌の保湿や乾燥を防いでくれる頼もしい食材を紹介します。

今回は乾燥肌を改善してくれる身近にある食材を選別しました。是非、子供達と一緒にご自宅の食卓で試してみてはいかがでしょうか?

おすすめのランキングについて紹介します。

ランキング 食べ物 効果 栄養素
1位 納豆 肌に保湿を与えてくれる。 ポリグルタミン酸
2位 ターンオーバーを抑える角質層をつくる手助け タンパク質
3位 サーモン 肌の保湿機能を改善 オメガ3系脂酸
4位 パプリカ 皮膚や粘膜の潤いを与える βカロテン
5位 アボカド 血行の促進 βカロテン

乾燥肌の改善に必要な栄養素

必要な栄養素

乾燥肌の改善に必要不可欠な栄養素が、細胞の再生や修復に必要な細胞の土台となるタンパク質です。

タンパク質は肌のターンオーバーを促進し、細胞間脂質で保湿成分であるセラミドを生成します。

また、美肌に欠かせない美容成分として知られているこれらのビタミンA、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンEなどが不足すると、肌のバリア機能が低下し乾燥肌を引き起こします。

また、ビタミン類は皮脂や粘膜を健康に保ち、新陳代謝を活発にする作用もあり、コラーゲンの生成に必要な栄養素でもあります。

その他にも潤いを高めるα-リノレン酸や、肌の健康を維持するために必要不可欠なミネラルである亜鉛も乾燥肌を改善する大切な栄養素です。

肌に潤いを与える栄養素を紹介

乾燥肌を改善してくれて、肌に潤いを与えてくれる栄養素と効果は以下のとおりです。

栄養素 効果
ビタミンA

■肌のタンオーバーを促進する。

■天然保湿因子や皮膚膜の生成を促進し潤いを保つ。

ビタミンB群

■肌のタンオーバーを正常化する。

■皮膚や粘膜を健やかに保つ

ビタミンC

■肌にダメージを与える活性酵素を抑制する。

■コラーゲンを促進し、肌のターンオーバーを正常化する。

ビタミンE

■肌の新陳代謝を活性化する。

■肌のバリア機能を向上させる。

a-リノレン酸 ■保湿力をアップさせるセラミドを作る。
亜鉛 ■コラーゲンの生成を促進し、肌のターンオーバーを正常化する。
タンパク質 ■肌の新陳代謝を促進する。

乾燥肌の改善に即効性のあるイチオシメニュー

一押しメニュー

乾燥肌を改善するためには、日々バランス良い食事を心掛けることが大切です。

そこで、さまざまな食品を一度にたくさん摂れる方法としておすすめなのが、「寄せ鍋」です。

肉類、数種類の野菜、豆腐などを加えれば、各ビタミン類やタンパク質がまとめて摂れます。

また、残ったスープを使って雑炊などにアレンジもでき、スープに流れ出た栄養素も無駄なく摂れます。

寄せ鍋は体の芯から温まるので血行も良くなり、美肌効果も期待できる優れた料理です。

手軽に栄養補給できるサプリメントで乾燥肌予防

サプリメント

忙しい日々の中で食事だけで乾燥肌を改善するのは難しいと感じる人は、乾燥肌を予防・改善してくれるサプリメントを取り入れてみましょう。

多くのビタミン類を含むサプリメントや、次世代オメガ3脂肪酸として期待されているクリオオイルを含むサプリメントなどがおすすめです。

体のめぐりを良くし、体の内側から美肌をサポートしてくれます。また、安心・安全なサプリメントを選ぶことも大切です。

GMP認定工場の徹底した品質管理のもと製造されているか、また保存料・着色料・香料を一切使用していないかなどもチェックしましょう。

乾燥肌の対策にとって一日の栄養バランスを正しく取る事は重要です。食事とサプリメントも併用しましょう。

偏った食生活は乾燥肌の原因に

偏った生活

日々、バランス良い食事を心がけていれば、栄養不足といった食生活が原因で乾燥肌になることはありません。

しかし、過剰な食事制限のあるダイエットなど偏った食生活は、乾燥肌を引き起こす要因です。

カロリー摂取を減らそうとタンパク質を減らしたり、野菜のみの食事などにすると、細胞に必要な栄養成分が行き渡らず、肌を健やかに保つことが難しくなります。

新しい細胞を生成するのに必要な成分であるタンパク質が不足すれば、天然保湿因子など水分量を正常に保つ機能も低下し、乾燥肌を悪化させます。

乾燥肌を悪化させる要注意な食べ物

乾燥肌を改善してくれる食べ物を紹介してきましたが、逆に乾燥肌を悪化させてしまう食品について紹介します。

食生活による体内環境が肌に与える影響は大きいので、肌に悪影響な以下の食べ物には注意しましょう。

  • ファーストフードやインスタント食品
  • 甘いお菓子やスイーツ

油が多いファーストフードやインスタント食品には注意

ファーストフード

一般的にファーストフードやインスタント食品は炭水化物が多く、健康に良くない脂質が多く含まれています。

頻繁に食べていると、肌のターンオーバーに必要なビタミンB群が大量に消費され、ターンオーバーの乱れを引き起こし肌荒れにも繋がります。

また、塩分も高いため、体内の水分量が減少し乾燥肌を悪化させます。

甘いお菓子やスイーツ

甘いお菓子やスイーツには、ショートニングやマーガリンなど悪玉コレステロールを増やすとされるトランス脂肪酸が含まれているものも多く、体に悪影響を与えます。

また、砂糖が大量に使われているので、体内を錆びつかせる糖化の原因になり、美肌に必要なコラーゲンにダメージを与えます。

肌を潤す飲み物で乾燥肌の対策

乾燥肌の対策

乾燥肌の改善だけでなく、予防効果も期待できるのが「温かい飲み物」です。

温かい飲み物は血行を良くし新陳代謝を活発にして、ターンオーバーを促進する作用があります。

また、体が温まることで冷え性の改善や免疫力アップに繋がり、肌のバリア機能が向上し乾燥肌を予防する効果も期待できます。

具体的には生姜湯、ホットミルク、カモミール、ラベンダー、ローズヒップ、レモングラス、ローズマリーなどのハーブティーがおすすめです。

また、野菜や果物をたっぷり使った「スムージー」も乾燥肌の改善に効果的です。

ほうれん草、小松菜、人参、レモン、いちご、グレープフルーツ、豆乳、エゴマ油などで作れば、一度にビタミンA、ビタミンB群、ビタミンC、α-リノレン酸、タンパク質が摂れ、不足しがちな栄養素を簡単に補給できます。

また、水を飲むだけでも乾燥肌を改善できる事ができると思います。

  • 生姜湯
  • ホットミルク
  • ハーブティー
  • スムージー

食べ物で内側からも乾燥肌対策をしよう

乾燥肌は外側からのケアであるスキンケアだけでは不十分であることが少なくありません。

乾燥肌を改善する成分を含む食品を積極的にバランス良く摂り食生活を整えることで、効果的に潤いをアップできます。

外側からのケアに食べ物による内側からのケアもプラスして、効率よく乾燥肌対策をしましょう。

自身の肌が乾燥肌か気になる方はこちらの記事もご覧ください。