クレンジングのランキングを見て、おすすめ対策を知りたいという方もいるのではないでしょうか?

メイクは女性の戦闘服と言いますが、いつも戦闘態勢では肌もくたびれてしまいます。

共に戦い抜いた肌を、しっかりケアすることが肝心。

とくにクレンジングはスキンケアの最初です。今回はクレンジングのおすすめ対策をランキング形式で紹介します。

クレンジング選びが重要なわけ

クレンジングの重要性

メイクや汚れを落とすクレンジングは、スキンケアの基礎。

メイクをきちんと落とさずにいることは、汚れをずっと肌にためこんでいる状態と同じです。

メイクは洗顔で落としきれないので肌に汚れがたまったままになり、後でどんなにいい化粧水や美容液を使っていても効果は半減してしまいます。

たとえくたくたに疲れきっていても、一日の終わりには何としてもメイクをオフしておきたいところ。

かと言って、ただメイクが落ちればクレンジングは何でもいいというわけでもないのです。

クレンジングのタイプ別特徴

クレンジングタイプの特徴

まずはクレンジングの種類と、それぞれの特徴をご紹介します。クレンジングにはどんなものがあるのか知ることから始めましょう。

オイルタイプ

オイルタイプはクレンジングの中でもメイク落ちは最強クラス。その名のとおり、成分のほとんどが油分です。

同じく油分を主成分としているメイクによく馴染み、毛穴汚れまでしっかりと落とすことができます。

高い洗浄力で素早く落とせるため、アイメイクやリップといったデリケートな部分のポイントメイクを落とすのに効果的です。

ただし高い洗浄力で皮脂を取り過ぎてしまい、肌の乾燥を招いたり、オイルに含まれる「オレイン酸」がニキビ悪化の原因やお肌を痛めることになることも。乾燥肌やニキビ肌の方は注意が必要です。

リキッドタイプ

リキッドタイプは水を主成分としたクレンジング剤です。

主な成分が水なのでさらっとした使い心地で、ベタつかずさっぱりとした洗い上がり。

界面活性剤を使用しているものが多く、オイルタイプに次ぐ洗浄力を持っています。

高い洗浄力ながらマツエクOKで、濡れた手でも使える手軽さが特徴です。

さらさらとしていてクッション性がないため、肌への摩擦には注意しましょう。

クリームタイプ

クリームタイプは油分、水分、乳化剤を主成分としたクレンジング剤です。

クッション性があるので肌に対する摩擦が少なく、お肌に優しいのが特徴です。

肌の水分を残しながらメイクを落とせるので、つっぱらずしっとりとした洗い上がりが特徴です。

肌に優しい分、洗浄力は他と比べて弱め。

ベースメイクはクレンジングクリームで、頑固なウォータープルーフのマスカラやリップはポイントリムーバーで落とすといった形で使い分けるのがおすすめです。

ミルクタイプ

ミルクタイプは乳液状のクレンジング剤です。

成分はクリームタイプとよく似ていますが、クリームよりも水分が多いため、さらにとろみが強いのが特徴です。

肌触りもやさしく、肌の潤いを保ちながらメイクを落とすことができます。

クリームタイプと同じく、肌に優しい分洗浄力は弱くなります。

ポイントメイクに落ちにくい化粧品を使用している場合は、ポイントリムーバーとの併用がおすすめです。

乳液の効果について詳しく知りたい方はこちらの記事もご覧ください。

ジェルタイプ

ジェルタイプはその名のとおり、ぷるぷるとした弾力のあるジェル状のクレンジング剤です。

ジェルの中でも「オイルフリー水性ジェル」「オイルイン水性ジェル」「油性ジェル」「オイルジェル」と種類が分かれ、後者のものほど油分が多くなり、洗浄力は高くなります。

肌に対する刺激は前者のものほど弱くなり、最近ではお肌にも優しい商品が多く注目されています。

メイク落ちの点ではオイルやリキッドにやや劣りますが、洗浄力の高いものを選べば、肌への摩擦を抑えながらしっかりとメイクを落とすことができます。

バームタイプ

クレンジングバームは半固形状のクレンジング剤です。

最初は固形で、肌に乗せると体温でとろけてオイル状に変化していくのが特徴です。

メイクの油分によく馴染むため高い洗浄力を持ちながら、美容成分が含まれているものが多く、高い保湿効果も持ち合わせています。

まだ商品数は多くないものの、オイルとクリームのいいとこどりとして人気が高まってきています。

シートタイプ

シートタイプはシートで拭き取るだけでメイクを落とせるクレンジング剤です。

水で洗い流す必要もなく、手軽にメーク落としができるのが特徴です。

ただし、シートなので肌への摩擦が大きく、色素沈着など肌に大きなダメージを与えてしまいます。

本当にメイクを落とす時間がない、今にも寝てしまいそうという時のための最終手段にしておくことをおすすめします。

肌タイプ別おすすめクレンジング

肌タイプ別のクレンジング

クレンジングの種類ごとに異なる特徴を持っており、合う肌質と合わない肌質があります。

自分の肌に合ったクレンジングを選ぶことで、メイク落としで肌にかかる負担を軽くできます。

逆に合わないものを使い続けると、肌荒れに繋がってしまう危険も。

自分にぴったり合うクレンジングを選び、ストレスフリーの美肌づくりを心掛けましょう。

肌質に合わせたクレンジングを、ランキング形式でトップ3までご紹介します。

脂性肌におすすめのクレンジング

  • 1位 リキッドタイプ
  • 2位 ジェルタイプ
  • 3位 バームタイプ

肌のべたつきが気になる脂性肌にもっともおすすめなのは、べたつきがなくさっぱりとした洗い上がりのリキッドタイプ。

ナチュラルメイクの日は、リキッドタイプよりも肌への刺激が少ないジェルタイプやバームタイプとで使い分けるのもおすすめです。

乾燥肌におすすめのクレンジング

  • 1位 クリームタイプ
  • 2位 ミルクタイプ
  • 3位 バームタイプ

特に保湿が重要とされる乾燥肌にもっともおすすめなのは、洗浄力が強すぎず、肌の水分を残しながらメイクを落とせるクリームタイプ。

肌の摩擦も抑えられるので角質を傷つけることがなく、肌が本来持つ保湿機能を保つことができます。

同じく肌に優しく、しっとりと洗い上げるミルクタイプや、保湿効果も備えたバームタイプもおすすめです。

乾燥肌の対策方法について詳しく知りたい方はこちらの記事もご覧ください。

混合肌におすすめのクレンジング

  • 1位 ジェルタイプ
  • 2位 バームタイプ
  • 3位 オイルタイプ

Tゾーンは脂っぽい脂性肌、Uゾーンはカサカサした乾燥肌、どちらに合わせたらいいの?と迷ってしまう混合肌にもっともおすすめなのはジェルタイプです。

洗浄力があるためきちんとメイクを落としてくれますが、肌への刺激は強くないのがポイントです。

保湿成分がしっかり含まれた商品もあり、乾燥が気になる部分をしっとり洗い上げます。

なめらかなジェルタイプは、摩擦による肌への負担も軽減してくれます。

肌の乾燥と皮脂によるファンデーションのヨレ対策のために、リキッドやスティックファンデーションなどのしっかりとしたベースメイクを使用している場合には、オイルタイプで時間をかけずにさっと落としてしまうのもおすすめです。

敏感肌におすすめのクレンジング

  • 1位 クリームタイプ
  • 2位 ジェルタイプ
  • 3位 バームタイプ

少しの刺激でも肌トラブルにつながりやすい敏感肌にもっともおすすめなのは、肌に優しく擦らずに洗い上げることができるクリームタイプ。

同じく肌への摩擦が少ないジェルタイプの中でも刺激が少ない水性ジェルや、肌質を選ばずに使えるバームタイプもおすすめです。

ただし、使用する前には必ずパッチテストをするようにしてください。

肌に優しいクレンジングをしよう

クレンジングのコツは、自分の肌質に合ったクレンジング剤を選ぶこと、強くこすらず優しく洗うこと、そして何よりその日の内にメイクを落とすことです。

手のひらでクレンジング剤を温めて、肌なじみをよくするのも効果的。

肌に優しいクレンジングを究めて、肌トラブルゼロのすっぴん美肌を目指しましょう。