乳液で古い角質を取り除く「乳液洗顔」をご存知ですか?「洗顔後の乾燥が気になる」「肌にハリがなくごわついている」といったお悩みをお持ちの方には、乳液洗顔がおすすめです。

乳液洗顔の効果と方法を紹介します。

乳液洗顔について紹介

乳液 洗顔について

「乳液洗顔」は肌に潤いを与えて、毛穴に詰まった汚れを綺麗に洗い流すことができます。

名前を聞くだけでは、「肌がベトベトになるのでは?」「本当に汚れが落ちるの?」と不安に感じる方も多いのではないでしょうか?

乳液は、保湿として使用するものだというイメージが強くありますが、優しく肌に塗りこむことで、古くなった角質や汚れ、メイク残りなどの油汚れまでゴッソリ落とす効果もあるのです。

乾燥肌の方でも、肌に付着した汚れを落としてすぐに保湿できるため、ぷるぷるな美肌に一変します。

乳液洗顔のメカニズムについて紹介

一般的に、メイクなどの油汚れはクレンジングで落として、ほこりなどの水性汚れは洗顔で落とすことが主流です。

しかし、クレンジングと洗顔料は、汚れと共に、肌の潤いまで落としてしまいます。

肌に必要な潤いが流されて、パサパサした乾燥肌になってしまうケースも少なくありません。そんなときに役立つのは、「乳液洗顔」です。

乳液は、水性成分と油分成分がどちらも豊富に含まれているため、肌に潤いを与えながら汚れを緩めることができるのです。

乳液洗顔の効果について解説

乳液洗顔の効果について

乳液洗顔は、「毛穴の汚れを徹底除去」できることと「ニキビ予防」に効果的です。それぞれどのように効果が発揮されるのかを詳しく解説していくのでチェックしてみてくださいね。

毛穴がスッキリになる

乳液を使って洗顔をすれば、毛穴に詰まった古い角質を緩めることができます。

毛穴の古くなった角質を除去する方法は、毛穴パックなどで薬剤を浸透させたり、ピーリング剤を使用したりと、肌に負担がかかってしまうものばかりです。

しかし、乳液洗顔は肌に負担をかけずに、毛穴に詰まった汚れを浮かせることができるため、敏感肌の方でも安心して実践できるのです。

毛穴に詰まった汚れに乳液を浸透させて、固くなった角質を緩めてサラッと洗い流しましょう。

毛穴の角栓について詳しく知りたい方はこちらの記事もご覧ください。

ニキビ予防もできる

ニキビが出来る原因のひとつに「肌の乾燥」があげられます。

乾燥によって肌の表面が硬化し、毛穴に皮脂などの汚れが詰まり、ニキビとなって現れます。

乳液洗顔は、顔の汚れを落とす力が強い洗顔料のように肌に必要な油分まで奪ってしまうケースを避けられるため、ニキビ予防に繋がるのです。

乳液洗顔の注意点を紹介

乳液洗顔の注意点としては、乳液を多く使用してください。乳液が少ないと肌と摩擦が起こってしまい、肌が傷ついてしまう原因となってしまいます。

また、乳液洗顔は肌のタイプに合わせて使用しないと肌トラブルを招いてしまうケースもあります。

乳液洗顔の洗顔手順を紹介

乳液洗顔の手順について

さて、乳液洗顔のメリットが分かってきたあなたは、さっそく乳液洗顔を試したいと思っているのではないでしょうか?

乳液洗顔は、正しいやり方で行わなければかえって肌に負担がかかる可能性もあります。正しい乳液洗顔をしっかり押さえた上で、乳液洗顔を実践しましょう!

ぬるま湯で顔をすすぎタオルで顔をおさえる

はじめに顔についたほこりなどの汚れを落とすために、ぬるま湯ですすぎます。顔をすすぐ際の正しいやり方をご紹介します。

  • まずは、肌に負担の少ないぬるま湯で顔をすすいでください。
  • 表面の汚れを洗い流します。
  • できるだけ柔らかいタオルで顔を押さえるように水分を拭き取ります。

※ぬるま湯は、だいたい35度前後に設定するといいでしょう。

乳液をだして顔全体になじませる

乳液は塗れば塗るほどいいというものではありません。必要量以上に塗ってしまうと、肌に油分が多くなってニキビの原因となります。

乳液の塗り方の手順をご紹介します。

  1. 普段使用する量の倍量ぐらいの乳液を手にとります。
  2. 顔全体に塗っていきましょう。
  3. 肌に乳液がしっかり密着して顔を真っ白の状態にします。

らせんを描くようにマッサージをする

顔全体に乳液を塗っている状態で、肌にしっかり浸透させるためにマッサージをします。乳液を肌につけてから顔をマッサージする手順をご紹介します。

  1. おでこの中央に両手を置いてらせんを描くようにこめかみ辺りまで滑らせます。
  2. 鼻の横から耳の横まで手を滑らせましょう。
  3. くちびるの下側の中央に手を置いて口角を上げるようにマッサージします。

らせんを描くポイントは、顔の中心から外側に向かってくるくると手を滑らせることが大切です。

蒸しタオルを顔にのせる

乳液をしっかり肌に浸透させることができたら、ぬるま湯で軽く乳液を洗い流してください。

時間に余裕がある場合は、血行を促すために蒸しタオルを顔にのせてリラックスしましょう。

蒸しタオルの作り方は、とても簡単なので、ぜひとも抑えておいてくださいね。蒸しタオルを使って、血行を促す手順をご紹介します。

  1. 顔全体が隠れるサイズのタオルを用意します。
  2. 水に濡らして軽く絞っておきましょう。
  3. タオルをくるくると丸めて耐熱皿にのせたら電子レンジへ。
  4. 30秒~45秒間温めたら一度タオルを広げて顔にのせてください。

乳液洗顔後はスキンケアを行おう

乳液洗顔が終わったら肌もしっとりしているので、スキンケアは不要だと勘違いしてしまう方も多いです。

しかし、スキンケアをしないままでは肌が乾燥してしまうため、しっかりスキンケアをしましょう。

普段使用しているものでいいので、化粧水と美容液、乳液・クリームの順番で肌を守ってくださいね。

乳液洗顔が効果的なタイミングとは

乳液洗顔の効果的なタイミング

乳液洗顔を行う際に、最適なタイミングは朝だと言えます。朝に乳液洗顔をすることで、お化粧のノリがよくなったり、血行が促進されて肌のつやが良くなったりする嬉しいメリットがあります。

また、夜に乳液洗顔を行う場合は、日中肌に付着したホコリや化粧による油汚れなどがぎっしり詰まっているので、クレンジングを忘れずに行ってくださいね。

しっかり汚れを落とすために、いつも通りクレンジングをしたあとに、乳液洗顔も加えてみてください。

スキンケアの方法について詳しく知りたい方はこちらの記事もご覧ください。

乾燥が気になる場合は朝の使用がおすすめ

肌が乾燥しがちの方は、朝に乳液洗顔を行うといいでしょう。

毎朝、化粧水や乳液をたっぷり付けても、外気の汚れや化粧によって、お昼ごろには肌が乾燥してきるケースも多いのではないでしょうか?

朝一番で乳液洗顔を行って、肌の潤いを保ちましょう。ただし、乳液洗顔は毎日欠かさず行ってしまうと肌が栄養過多になって、ニキビや吹き出物などの肌トラブルを引き起こすので注意してください。

使用する乳液の選び方を紹介

使用する乳液の選び方

乳液は、たっぷり使用しても問題がないコストパフォーマンスが高いものがおすすめです。

顔全体が真っ白になるほど、十分に塗らなければ効果が半減してしまうため、惜しみなく使える乳液を選びましょう。

さらに、保湿力が優れており、肌に優しい低刺激なものだと肌に負担がかかりません。

刺激になる成分の少ないものを使用する

刺激が強い成分が含まれている乳液を、肌に塗りこんでしまうと肌トラブルの原因になります。

なるべく、低刺激な商品を選んで肌に浸透させてくださいね。アルコールや香料、着色料が含まれているものは避けた方がいいでしょう。

低刺激な上、保湿効果が高い成分をまとめたので乳液を購入する際にチェックしてみてください。

  • ヒト型セラミド
  • コラーゲン
  • ヒアルロン酸
  • アミノ酸
  • グリセリン

乳液洗顔は注意して行おう

乳液洗顔の注意点としては、乳液が少ないと肌と摩擦が起こり肌を傷つけてしまう可能性が高いです。洗顔方法としてはあまりおすすめすることができません。

ニキビ予防を行いたい場合は、正しい手順で洗顔を行いましょう。