アラフォーになると肌トラブルが多くなり、メイクがとても大変です。

カバーをするために、ベースメイクからリップまで気が抜けません。

でもあるポイントを守っていけば、大人メイクはそれほど大変ではないんです。

今回はアラフォーメイク術について紹介します。

アラフォーの肌に適したメイク方法

アラフォーの肌とは

アラサーになるとお肌の状態が気になりだしますが、本格的に変わってくるのはアラフォーからです。

その理由は「エストロゲン」の減少が関係しています。

「エストロゲン」とは肌や髪の美しさを守り、女性らしい体を維持するために大切な女性ホルモンの一つです。

アラサー(20代後半~30代前半)をピークに、アラフォー(30代後半~40代前半)になるにつれ分泌量が減っていきます。

エストロゲンが減少していくアラフォー世代の肌はうるおい・弾力性・ツヤが損なわれ、それに伴ないほうれい線・たるみ・しわといった、肌トラブルが起こりやすくなってしまうんです。

そのためアラサーでは見られなかった肌質の変化に、とまどいを感じる人が珍しくありません。

たるみが気になる方はこちらの記事も是非ご覧ください。

ベースメイクとは

ベースメイクについて

ベースメイクとはスキンケアから肌の土台を作るまでのメイクのことで、メイクの基礎といえます。

手を抜くとテカリやよれが起こりやすくなるので、特に力を入れていきたいメイクです。

下地を済ませた後にコンシーラーで気になる部分を隠し、ファンデーションを塗っていきます。

ベースメイクが終わったらポイントメイクに移行し、より細かな部分に手を加えていきましょう。

美しいベース作りのために厚塗りはしないで!

ベースメイクは顔全体の雰囲気を決める重要な作業です。

特に丁寧にメイクを行っていきましょう。

このときあまりファンデーションを、塗りすぎないようにしてください。

後でパウダーファンデーションを使ったときに、厚塗りメイクになってしまう恐れがあります。

コンシーラーを味方につける

気になるしわやシミを隠すために便利なのがコンシーラーです。

コンシーラーを味方につければ、ベースメイクの仕上がりがとてもよくなります。

ただその力を最大限にまで引き出すには、自分に合ったカラーを選び正しく使うことが大切です。

まず自分の肌の状態を把握していきましょう。

例えば一言に目の下のクマといっても、茶クマか青クマによって違ってきます。

茶クマの場合は黄色系・青クマの場合はオレンジ系がおすすめです。

そのクマの色をぼかしやすいカラーを選択し、馴染ませていってください。

ファンデーションはツヤ感が大切

アラフォーの肌はうるおいが減少することにより、乾燥が起こりがちです。

それに伴い肌のツヤ感がなくなるため、スキンケアをしっかりと行うのはもちろん、乾燥をカバーするファンデーションを使っていく必要があります。

ファンデーションは乾燥をカバーしてくれる油分を多く含んだタイプを、使用するようにしましょう。

使った直後はテカリがあるように感じますが、時間が経てばおさまります。

迷ったときは保湿成分やオイル成分が配合された、ファンデーションを選ぶことをおすすめします。

ほうれい線が気になりファンデーションの塗り方についても詳しく知りたい方はこちらの記事もご覧ください。

眉メイクはアイブロウ選びから始まっている

あいぶろうについて

眉は顔の印象を決める大切なポイントです。

ベースメイクの次に力を入れていきましょう。

まず大切なのがアイブロウ選びです。アイブロウを選ぶ際は、汗や水に強いタイプを選ぶようにしてください。

というのも眉は汗や水分を吸着しやすく、状況によっては簡単に落ちてしまいます。

それを防ぐために水に強くもちがいい、リキッドタイプのアイブロウを選ぶようにしてください。

  1. 1.スクリューブラシで眉を整える
  2. 2.アイブロウをシャープに引いていく
  3. 3.眉が薄い部分を埋める
  4. 4.スクリューブラシを使って整える

アイメイクはメリハリが重要

アイメイクについて

アラフォーのアイメイクのポイントは、メリハリをうまく表現することです。

何重にも重ねるアイメイクは古い印象を感じさせます。

だからといってゆるやかすぎると、ぼやけた印象になってしまうでしょう。

ゆるやかで地味になりすぎないアイメイクにすることが大切です。

マスカラはあまりに塗りすぎると、きつい印象になってしまいます。

何度も塗らず、2回前後に抑えるようにしてください。

アイラインはダブル使いがおすすめ

アラフォーになると目元全体が落ちこみ、ぼやけた印象になりがちです。

アイラインを整え、きりっとした印象にしていきましょう。

黒とブラウン、どちらのアイライナーを使うか迷いますが、ぜひどちらも使ってみてください。

両方の欠点を補い、バランスのいいアイラインにすることができます。

  1. 1.黒のアイライナーを上まつ毛に使う
  2. 2.ブラウンのアイライナー引く
  3. 3.ブラウンのアイライナーを重ね付けする

ブラウンのアイライナーを上まぶたのキワの中央に置いたら、目尻に向かって引いていきます。

このとき少し目尻から出るようにしてください。

アイシャドウでふっくら目元に

アイシャドウは油断すると厚塗りしがちな部分なので、選ぶ色や使い方に注意が必要です。

まぶたのくすみをうまくカバーし、引き締まった目元にしていきましょう。

  1. 1.ラメ入りアイシャドウを丸く塗る
  2. 2.ブラウンのアイシャドウをラインに沿って塗る
  3. 3.下まぶたにブルーのアイシャドウを塗る
  4. 4.目頭側からベージュのアイシャドウを塗る

目頭側からベージュのアイシャドウを、中央に向けて塗ってください。3のときに残しておいた部分を塗る形です。

チークはベージュが使いやすい

チークについて

ピンクのチークは量や広げ方を間違えると、幼い印象を周りに与えます。

ここはピンクではなく、落ち着いたベージュのチークを使ってみましょう。

まずベージュのチークを大きめのブラシに取ったら、つきすぎたチークを落とすためにティッシュオフしておきます。

笑ったときに頬が1番高くなる位置から、先ほどのブラシで優しく広げていきましょう。

もし明るい色合いのチークを使いたいときは、ピンクではなくローズ系のチークを使っていきましょう。

ピンクに比べて落ち着いた印象を与えるので、華やかな場面はもちろん日常生活で使っても違和感がありません。

リップはバームかスティックが使いやすい

バームスティック

唇をふっくらと見せたいときは、ピンクのバームやスティックが使いやすいです。ほどよく光を反射してくれるので、華やかな印象になります。

グロスほどテカリが強くないので、悪目立ちすることなく使っていけるでしょう。

赤のリップも素敵ですが、ふっくらというよりも引き締まって見える色です。

加えてパッと目につく強い色なので、メイク全体のバランスを取りにくい難しい色でもあります。

ピンクは赤に比べて落ち着いた色なので使いやすく、さまざまなタイプのメイクになじみやすいです。

アラフォーだからこそ似合う大人メイク

アラフォーのメイクは20代のときと比べ、落ち着いたメイクが求められます。

メイクの仕方が違ってくるため戸惑うこともありますが、落ち着いたメイクはアラフォーならではのやさしい雰囲気をさらに引き立ててくれるんです。

この記事ではアラフォーだからこそ似合う、大人メイクを紹介していきました。

ぜひ参考にしてみてください。