今回は美容液のおすすめ成分についてまとめました。

適当にフェイスケア化粧品を塗っているだけでは美肌は作れません。正しいスキンケアによって肌トラブルのない美肌が完成するのです。

正しいスキンケアに不可欠な美容液の選び方、そして年代別の肌質に合わせたケアについてまとめました。

年齢別のおすすめ美容液とは

年齢別の美容液について

年齢によって必要なケアと美容液が変わってきます。それぞれの年代において積極的に取り入れたい成分は以下の通りです。

20代のおすすめ美容液成分

20代の前半は皮脂分泌も活発なため、ニキビに悩まされる方も多いでしょう。丁寧に洗顔をすることと適度に保湿をすることでも、ニキビをある程度予防できます。

医薬部外品に使われることが多いグリチルリチン酸2Kやトラネキサム酸が配合された、ニキビ予防用の美容液を使うことをおすすめします。

また、反対に肌の乾燥に悩まされる20代の方も多いです。メイクをしっかりと落とすためにゴシゴシと肌をこすり、肌本来に備わっているバリア機能を破壊してしまい、乾燥に傾きやすい潤い不足の肌になってしまうのです。

セラミドやヒアルロン酸入りの乾燥肌改善効果のある美容液を導入し、肌質を変えていきましょう。乾燥が進むと肌老化も早まってしまいます。

早い時期から乾燥ケアに力を入れることで、アンチエイジング効果も期待できますよ。

30代のおすすめ美容液成分

30代は乾燥肌でない方も、乾燥肌ケアを始める時期です。繰り返しになりますが、乾燥肌を放置すると肌の老化は急激に進んでしまいます。

セラミドやヒアルロン酸が入った美容液を普段のお手入れに加え、早めの乾燥対策を実施しておきましょう。

エイジングケアを積極的に実施しなくてはいけないのも30代です。

「わたしは若く見えるから」とエイジングケアをしない方もいらっしゃいますが、若く見えるということと肌年齢が若いことはまったくの別次元の話です。

エイジングは肌内部や臓器でも進んでいますので、若々しく潤いのある美肌を保つためにも、遅くとも30代後半に突入したらエイジングケアを始めなくてはなりません。

40代のおすすめ美容液成分

万が一、まだエイジングケアを始めていない場合は、早急にエイジングケアを始めてください。エイジングケアに加えて、40代は念入りな保湿ケアが必要になる時期です。

40代の肌に最も必要なのは保湿です。肌に透明感が失われたり、シミが濃くなったりと悩みは尽きませんが、注力すべきは保湿であることを忘れてはなりません。

美白を求める場合には、ビタミンCが有効です。ビタミンC自体は不安定な成分ですので、肌のくすみを取り去る前に破壊されてしまいます。
ビタミンCの効果を肌細胞までしっかりと届ける“ビタミンC誘導体”が入った美容液を選ぶとよいでしょう。

また、肌の透明感の衰えが気になる方は、昔から人気の天然成分“ハトムギエキス”が入った美容液や化粧水を積極的に使うこともおすすめです。

肌を充分に潤わせることで、美白効果もアップしますよ。また、肌のシミやシワでお悩みの方はクリームの使用も検討しましょう。

美容液の役割と選び方

美容液の役割と選び方

洗顔料とクレンジングで汚れやメイクを落とし、化粧水とクリームで水分と油分を補うことが、スキンケア方法の基本です。

しかし、それだけでは肌トラブルは解決しませんし、透明感あふれる美肌や透き通るような陶器肌に近づくことは難しいものです。

そこで、重要になるのが肌悩みに合わせた“美容液”です。悩みや必要に合わせた美容液を加えることで、肌のトラブルを解決し、なりたい肌質になることができます。

美容液の役割

美容液には次のような役割を果たすものがあります。必要に応じて普段のお手入れに加えていきましょう。

敏感肌を改善する

ちょっとした刺激や外気の汚れ、乾燥などで揺らいでしまう敏感肌。

あまりにも肌荒れがひどいときや水でも染みるときは皮膚科に行って軟膏等を処方してもらう必要があります。

少しの肌荒れや調子が揺らぎやすい程度なら、整肌成分が入った敏感肌用エッセンスで改善できます。

乾燥肌を改善する

乾燥肌を放置していてはいけません。乾燥がシミやしわ、肌荒れ、たるみなど、ほとんどのトラブルの原因だからです。

保湿成分がたっぷりと入った乾燥肌用の商品を使い、肌内部から乾燥を改善していきましょう。

脂性肌を改善する

皮脂が大量に出て肌表面を覆うと、肌が脂性に傾き、ニキビや吹き出物ができてしまいます。洗顔料を使って余分な皮脂や汚れを取り除き、脂性肌を改善する美容液を導入して肌質を改善していきましょう。

なお、肌が脂性に傾いていても、水分が不足して乾燥状態が見られる混合肌になることもあります。十分に保湿をしてから脂性肌用美容液やオイルを投入し、肌に必要な成分を必要な量だけ与えるようにしてください。

美白ケア

肌のくすみや日焼けが気になる方は、美白成分が入った美白化粧水や美白クリームなどの美白コスメが必要です。特に有効成分濃度が高い美白美容液がおすすめです。

薬用美白有効成分が入った美白アイテムもありますので、ご自身の肌に合う美容液を導入していきましょう。

エイジングケア

エイジングが気になる方もこれから必要になる方も、美容液を使ってエイジングケアをすることが大切です。エイジングケアをすることで毛穴のたるみが減少し、凹凸の少ない陶器のような美肌を完成させることができます。

年代別の肌質特徴を把握しておこう

年代別の肌質について

肌は日々変化します。女性も男性もすべての人は老化や酸化、乾燥、ストレスから無縁でいられません。年代別の肌質の特徴を把握し、肌の衰えを最小限に抑えていきましょう。

20代の肌質の特徴

皮脂分泌が活発なことが多い20代。しかし、不規則な生活や寝不足、栄養の偏りなどで肌の調子が安定しない人もたくさんいます。皮脂が充分にあるからと放置するのではなく、毎日丁寧にメイクを落として洗顔し、化粧水や美容液を使って必要な成分を適度に浸透させましょう。

30代の肌質の特徴

20代と比べると肌の調子は安定するものの、小じわや目の下のたるみなどのエイジングサインが出てくることもあります。しっかりと保湿を心がけながら、エイジングケアを始めていきましょう。

40代の肌質の特徴

ホルモンバランスの乱れから、肌が不調になることも多い40代。朝晩の丁寧なスキンケアだけでなく、外出時はもちろん家の中にいるときも日焼け止めを塗って紫外線対策をしっかりとするようにしてください。

また、不規則な生活や偏った栄養バランスが肌に如実に表れるのも40代の特徴です。美は毎日の習慣で作られるということを理解し、日々の生活を丁寧に送るようにしましょう。

美容液を正しい方法で使用しよう

肌悩みに合った美容液を使うことで、理想の肌質を作り、肌のグレードをアップさせることができます。

ご自身の肌をじっくりと観察し、肌に必要な成分は何かを見極め、有効な成分が充分に入っている美容液を導入していきましょう。

また、早めのエイジングケアも美肌を作る上で重要なポイントです。現在の肌状態に甘えるのではなく、さらなる美肌を目指してケアをしていきましょう。