クレンジングをやめるとメイク汚れが肌に残り、肌トラブルを生んでしまいます。ただ、あることをすればクレンジングをやめても肌トラブルのリスクを防げます。

クレンジングをやめ、肌をきれいにする方法を説明します。

クレンジングの使用をやめる

クレンジングやめた

クレンジングはメイク落としの必須アイテムです。メイクを落とすため、クレンジングを使うことを誰もが当然のように行っています。

クレンジングをメイク落としに使うのは洗浄力が高いからで、他の製品にはクレンジングほどの洗浄力はありません。しかし効果が高いからこそ肌を洗いすぎてしまい、肌ダメージを与えてしまうこともあります。

皮脂を落としすぎてしまうことで、肌のバリア機能を破壊してしまい、乾燥肌や敏感肌の一因になっています。

なのでクレンジングを使わないので済むのなら、使いたくないものです。

ただ気になるのはクレンジングの使用をやめてもメイクは問題なく落とせるのか、という点です。

クレンジングの使用をやめると、メイクを十分に落とせず肌にメイク汚れが残ってしまいます。

クレンジングの使用は本当にやめられるのでしょうか。

クレンジングの正しい使用方法について詳しく知りたいかたはこちらの記事をご覧ください。
【関連記事】
クレンジングの正しいやり方をどこよりも分かりやすく解説

ケミカルファンデーションからミネラルファンデーションに

ミネラルファンデーションは元々手術の後など皮膚が敏感になっているときでも使える化粧品として発売されたため、肌への刺激がとても少ないのが特徴です。

天然ミネラル成分が使われていて、肌に優しいのです。

ケミカルファンデーションからミネラルファンデーションに変えることで、クレンジングが不要になります。

なぜなら、肌への密着性がケミカルに比べて弱いからです。

肌に強く貼り付いていないので、クレンジングを使わなくても石けんだけで洗い流すことができます。

ミネラルファンデーションは刺激が少ないため、肌タイプが乾燥肌タイプや敏感肌タイプの人も使いやすいです。

クレンジングを使わない生活を目指すなら、ミネラルファンデーションの使用をおすすめします。
ただし、ファンデーションの前に油分のある化粧下地を使った場合には、クレンジングが必要な場合も多いのでご注意ください。

クレンジング乾燥肌について詳しく知りたい人はこちらの記事もご覧ください。
【関連記事】
クレンジング選び|乾燥肌にも優しい保湿力アップのアイテムを使おう

ミネラルファンデーションなら石けん洗顔で落とせる

クレンジングをしない生活がしたければ、メイクをしない生活をすれば簡単です。

しかし職場によってはメイクが必須のところもありますし、化粧水・美容液・乳液またはクリームでの保湿や、日焼け止めでの紫外線ケアなしで肌を美しく保つことは困難。

折り合いをつけるためにはミネラルファンデーションを使いましょう。ミネラルファンデーションは石けんで落ちるものが多くあります。

<h3>ミネラルファンデーションの注意点</h3>
全てのミネラルファンデーションが石けんで落とせるわけではないということです。

ミネラルファンデーションにシリコンが入っているものは石けんでは落とせないので、クレンジングが必要です。

ミネラルファンデーションを選ぶときに、「ノンシリコン」「クレンジング不要」「石けんで落とせる」と書かれているものを確認しましょう。

石けんで落とせるミネラルファンデーションでも、タイプによってはメイクを落とすのに時間がかかります。

クリームタイプ、リキッドタイプのファンデーションはメイクを落としにくいです。パウダーファンデーションは比較的簡単にメイクが落ちます。

また、ミネラルファンデーションの下にクレンジング剤で落とさなければならないタイプの化粧下地や日焼け止めを使っている場合も、もちろんクレンジングが必要です。

ミネラルファンデーションを落とすにはクリームや液体などの洗顔料よりも石けんがおすすめです。

しっかり泡立てることで石けん本来の洗浄力が発揮されます。また、泡がクッションになり、皮膚を摩擦刺激から守ります。

ポイントメイクを使用するならリムーバーが必要

ポイントメイクを使用するならポイントメイクを落とすためのリムーバーが必要です。

リムーバーにはオイルタイプの製品とミルクタイプの製品がありますが、肌のいたわりを優先するのならミルクタイプのリムーバーを使います。

ただクレンジングをやめるのにポイントメイクを使用し、リムーバーを使うのでは結局肌に刺激を与えてしまうことになります。

どうしてもポイントメイクがしたいというのでない限り、ミネラルファンデーションのみの使用をおすすめします。

石けんだけで本当にメイクは落ちるのか

クレンジングやめた

ミネラルファンデーションを使えばクレンジングは不要、と分かっていても、本当に石けんだけでメイクが落ちるのか不安になります。

実際、クレンジングはいらないのでしょうか。

クレンジングが肌の負担になることもある

クレンジングはメイクを落とすための製品です。メイクは石油製品ですから、メイクの油を落とすことがクレンジングの目的になります。

食器を洗うとき、油汚れがなかなか落ちないように、メイクを落とすときは皮脂や汗を落とす以上の洗浄力が必要になります。

洗浄力が高いことはありがたいのですが、洗浄力が高すぎることで肌の皮脂を必要以上に取り除いてしまいます。

使い方次第では肌の奥深くまでダメージを与えてしまうことになります。

クレンジングにも美容成分が含まれているので、使用しても問題ないどころか美容効果があるくらいに思ってしまいがちです。

しかし元々の目的が油を落とすことである以上、どうしても肌の負担になってしまうこともあります。

クリームタイプやミルクタイプのクレンジングなら、刺激が少なそうですし、実際製品の説明にも刺激が少ないと書かれているものが多いです。

しかし刺激はゼロではありません。

クレンジングをやめた場合の肌トラブル

石けんで落とせるミネラルファンデーションや日焼け止めのみでスキンケアをしている場合はクレンジングの必要はいらないという人もいます。

しかし、油性のメイクをしている場合はクレンジングが必要です。

もし、クレンジングをしなかったらどうなるでしょうか。

クレンジングをきちんとしなかったときの肌トラブル経験の口コミを探してみました。

メイクを落とさないと肌荒れする

疲れたときはついついそのまま寝てしまいたくなるのではないでしょうか。
けれど、クレンジングせずに寝るのは肌に良くありません。

メイクを落とさずに寝たためにニキビなどの肌荒れが起きたという話がたくさんありました。皮脂が詰まるため角栓もできます。

メイクを落とさなかった場合、肌が元に戻るまでに時間がかかります。

きれいになるためにメイクをするのに、クレンジングをしないでおくとかえって残念なことになってしまいます。

目が充血したのはアイメイクの影響でしょうか。

アイラインを瞼の内側に引いたときなどは、クレンジングしないと目を傷める原因になります。

通常の油性のメイクをしているのにクレンジングをせずにおくと、確実に肌荒れします。肌荒れしたあとはファンデーションのノリも悪くなるため、きれいにメイクできなくなります。

メイクをした後はきちんとクレンジングすることが大切です。

クレンジングをやめる場合は正しい行動を

油性のケミカルファンデーションはクレンジングでなければ完全には落とせないので、クレンジングをやめるなら石けんで落とせるタイプのミネラルファンデーションを使用してください。

単にクレンジングをやめてしまうのはメイク汚れが肌に残ってしまうなど、肌によい結果を生みません。

メイクをしたうえでクレンジングのみをやめるのはおすすめできません。