40代になると、若い頃から続けてきたメイクがなんだかしっくりこない、と感じることもあるでしょう。

加齢によってくすむなどして、20代のような派手めのメイクが似合わなくなります。では、40代からはどのようなメイクをしていけばいいのでしょうか。

40代女性のメイクは、ナチュラルさが命!

ナチョラルメイク

10代20代の頃は、カラフルで少し派手めなメイクがおしゃれで、毎日濃いめのメイクを楽しんでいたという人もいるでしょう。

しかし、40代で同じようなメイクをしてしまうと、肌に馴染まず、「メイクだけが浮いている」「ケバく見える」などの状態になってしまいます。

それもそのはず、年齢とともに肌の弾力を保つコラーゲンなどの成分の生成量が減少するため、肌にハリがなくなってしまうことで濃いめのメイクをきれいに発色させることができなくなるのです。

また、若い頃から浴び続けた紫外線の影響がターンオーバーが乱れる40代頃からは加速し、シミやくすみなどの肌悩みが目立つようになります。

その結果、素肌が黒ずんで濃いめのアイシャドウなどとの相性が悪くなってしまうのです。

40代に差し掛かったら派手なメイクは卒業し、ナチュラルで上品な大人メイクに切り替えましょう。

ベースメイクのポイント

ベースメイクのポイント

肌のハリ不足などを感じ始める40代女性にとっては、ベースメイクに力を入れることが大切です。

パーツを華やかに盛るのではなく、ベースの肌の状態をきれいに見せることによって、メイクの仕上がりも大きく変わります。

素肌の状態を整えるスキンケア

ベースメイクをする前に、まずは素肌の状態を整える必要があります。

乾燥したり荒れたりした状態では、うまくメイクを乗せることができず、よれて仕上がりが悪くなってしまうことがあるからです。

肌が荒れている時はメイクは控え、まずはスキンケアに専念しましょう。

スキンケアでは、化粧水や美容液、乳液またはクリームといった基礎化粧品を使って素肌を潤していきます。

洗顔でしっかりと素肌を洗ったら、化粧水をまず馴染ませて美容成分の浸透が良くなるようにします。

その後、美容成分が豊富な美容液を馴染ませ、最後に油分を多く含む乳液またはクリームで素肌の表面にフタをして、水分の蒸発を抑えればOKです。

化粧下地

スキンケアが完了したら、メイクの最初のステップとして化粧下地をつけます。

40代の肌は何かと悩みがありますから、しっかりカバーするためにもファンデーションの前に化粧下地を塗っておくことが大切なのです。

化粧下地を選ぶ際にはついついカバー力や保湿力で選んでしまいがちですが、保湿ができても伸びが悪いとムラになって仕上がりが悪化してしまいます。

そのため、少量でもスルッと伸びるものを選ぶことが大切です。

化粧下地はコーラル系とパールを2色用意して、ダブル使いするのがポイントです。

まずはコーラルの下地を目の下や小鼻、口角などの影やくすみが気になる部分に乗せて明るさを出します。

パール下地はツヤを出すことができるので、立体感を出したいTゾーンを中心につけてください。

また、ツヤを出したい頬骨、フェイスラインをカバーしたいあごの部分に乗せるのもおすすめです。

下地後やファンデーションやパウダー

下地を塗り終わったら、今度はファンデーションやパウダーを乗せていきます。

40代の素肌は乾燥しやすいので、パウダー系のものよりはリキッドファンデーションの方が適しています。

リキッドファンデーションならツヤ感を出すことができますし、カバー力や密着度が高いので落ちにくくヨレにくいのもメリットです。

また、セラミドやヒアルロン酸、コラーゲンやプラセンタなどの保湿成分が入ったものであれば、メイクしながら乾燥のケアをすることもできます。

目安としては、パッケージに「美容液ファンデーション」「リフトアップ作用」などと書かれているかどうかをチェックしてみるといいでしょう。

ファンデーションを塗る際には、まず頬にのせてから外側に塗り広げ、目のキワまで伸ばしていきます。

手元の残った分を今度は上まぶたに塗り、頬の内側に残ったファンデーションを小鼻に伸ばして毛穴を埋めるように軽くポンポンと馴染ませます。

そのあと、指に残ったファンデーションを額の中央から外側へと塗り広げてください。

頬に残ったファンデーションをフェイスラインまでしっかり伸ばし、髪の生え際をぼかします。

最後にフェイスパウダーを使って凹凸を自然に馴染ませたら、化粧崩れやテカリを抑えることができます。

お悩みをカバーするテクニック

シミなどの悩みが増える40代の素肌をケアするためには、コンシーラーを使うのがおすすめです。

カバー力の高いコンシーラーを選べば、シミやくすみの目立たない、若々しい素肌を維持することができます。

リキッドファンデーションならファンデの後、パウダーファンデーションならファンデの前にコンシーラーを使うときれいに仕上がります。

40歳からの眉メイクのポイント

眉メイクのポイント

40代になったら、眉メイクも20代までと同じではいけません。

パウダーをメインにしてしまうとたるみがちな目元がさらにぼんやりとしてしまうので、ペンシルである程度形を整えてからパウダーを馴染ませるのがポイントです。

ペンシルを使う際には、眉山から眉尻、眉頭に向かって塗っていきましょう。

ペンシルの後にはパウダーを乗せることになりますが、パウダーアイブロウは明るめのブラウンを選び、全体にさっと馴染ませてください。

最後にシェーディングカラーを使って、眉頭から鼻筋に向かってぼかすように影をつけると立体感ができます。

眉が長い場合には眉マスカラを使って眉を流すよにまとめるときれいに馴染みます。

40歳からのアイメイクのポイント

アイメイクのポイント

40歳のアイラインはブラウン系

アイラインを引く場合、40歳になったらブラックよりもブラウンを選びましょう。

ラインを引く際にはまつ毛の隙間を埋めるように、細く引くのがポイントです。

太くしすぎるとケバくなって目元が一気に老けた印象になってしまうので、注意しましょう。

ブラックのアイライナーでまつげの隙間を埋め、ブラウンのアイライナーで少し太さを出すとナチュラルながらも存在感のある、印象的な目元に仕上がります。

アイシャドウ

40代からのメイクでは、アイシャドウはナチュラルで肌馴染みのいいカラーを選ぶことが大切です。

具体的には、カーキブラウンやモーブブラウン、グレイッシュブラウンやブロンズ、ピーチベージュなどを使うと効果的です。

塗り方も、縦のラインを意識して中央と目頭、目尻に明るいカラーを入れる「縦グラデ塗り」を試してみましょう。

縦グラデ塗りなら、目元が目立ちすぎることもなく、ナチュラルながらも上品に仕上がります。

マスカラ

マスカラをつける場合は、まず縦向きにして目頭と目尻などの細かい部分につけます。次に、マスカラを横にして全体につけましょう。

下まつげにも塗ることでぱっちり感を出すことができますが、濃く塗るとけばい印象になってしまうので、薄めに塗るのがポイントです。

まつ毛が少ない人はボリュームを出せるタイプ、短い人は根元から塗りやすいスクリューブラシタイプ、細い人はキューティクルを保護するヒアルロン酸などの保湿成分などが含まれるものを選びましょう。

40歳からのチークのポイント

40歳からのチークポイント

40歳からのチークは、透明感のあるコーラルピンクやサーモンピンクなどが人気です。

存在感がありつつくすみをしっかりカバーしてくれるので、40代の肌によく馴染みます。

強すぎる赤やはっきりしたピンク系のカラーは、悪目立ちしてしまうので避けたほうがいいでしょう。

また、黄味の強いオレンジやベージュ系カラーは、くすみを目立たせてしまいます。

チークをつける際には頬骨よりも高い位置、目のキワから指2本分くらいしたの位置につけるのがポイントです。こめかみに向かって斜めに引くと、小顔やリフトアップに役立ちます。

40歳からのリップのポイント

リップポイント

40歳からのリップメイクは、オレンジブラウンなどを選ぶとナチュラルながらも上品な口元に仕上げることができます。

ヌーディーなカラーはくすみがちな肌をさらにぼんやりと見せ、老けた印象を助長させてしまうので避けましょう。

マットタイプよりはツヤ感のあるものの方が若々しく見えるので、おすすめです。

唇をより魅力的に見せるためには、口紅やリップグロスを塗る前にリップクリームやリップバーム、パックなどを使って保湿をしておきましょう。

ナチュラルメイクで、若々しい素肌を保とう!

今回は、40歳からのナチュラルメイクのポイントについて紹介してきました。

40歳になると肌のくすみなども目立ってくるので、派手なカラーのコスメは浮いて目立つようになります。

ナチュラルで透明感のある色味のものを選び、40代のメイクを楽しみましょう!