アラフォーになって、素肌の悩みが一層多くなったと感じている人もいるでしょう。

メイクをしてもうまく決まらず、メイクの色味だけが浮いてしまって逆にくすみなどが目立ってしまう、ということもあります。

今回は、アラフォーの女性が行うべきメイクのポイントについて紹介します。

アラフォーの目元の悩み

目元の悩み

アラフォーになると目元の悩みが特に増えます。

目元は第一印象を左右する重要なパーツですから、可能な限り悩みの少ない状態にしておきたいものです。

アラフォーの悩みとして多いのは、しわやたるみ、クマや乾燥、目の小ささやシミなどがあります。

いずれも目もとの印象をぐっと老けて見せてしまうので、悩みの種となってしまいます。

若い頃はぱっちりとしていたまぶたも、年齢を重ねるごとに素肌の潤い成分が減少することでたるんで目元が小さく見えてしまうのです。

こうなってしまうと、メイクでカバーするのは難しいと感じている人もいるのではないでしょうか。

しかし、アイテムの選び方次第では、目元を若々しく仕上げることができます。

アラフォーにおすすめのアイシャドウ

アイシャドウについて

シックな色がおすすめ!

40歳前後の女性にとって、若い頃と同じような濃い目の派手なカラーはご法度です。

くすみがちな素肌と目元のカラーのコントラストが不自然になり、結果的に肌色を暗く見せてしまうこともあるので、きれいに仕上がりません。

アラフォーの女性が使うなら、シックな色合いのアイシャドウがベストです。

例えば軽やかで繊細ながらも上品さと個性的な雰囲気が漂うカーキなどがあります。

また、ピンクなど赤み系のカラーが好きという場合には、目もとにモーブブラウンなどを選ぶと腫れぼったい雰囲気にならずに済みます。

他にもみずみずしいツヤ感を出すことができるグレイッシュブラウンや、ツヤ感を出すことができるブロンズカラーがおすすめです。

さらに、くすみをカバーするピーチベージュ、黄味がかった日本人の肌に合うヌードカラーなどもぴったりです。

透明感のあるクリアオレンジ系は、囲みメイクにも適しています。

塗り方も重要

アイシャドウはその塗り方にも気をつけなければなりません。

主張の激しいグラデーション塗りは素肌がくすみがちな40代の素肌には合わないので気をつけてください。

アイシャドウだけが悪目立ちして、老け顔に見えてしまいます。

グラデーションを楽しみたいなら、縦グラデーションメイクがおすすめです。

やり方としては簡単で、目頭から目尻に向かって色が濃くなるようにグラデーションを作るだけです。

こうすることで目元の丸みが強調され、目をぱっちりと大きく見せられできます。

また、単色アイシャドウを使う場合には、アイホールや目頭のくぼみに乗せると、まぶたの立体感を演出できます。

くすみ消しには、コンシーラー

まぶたのくすみが気になるという場合には、アイシャドウなどのアイメイクをする前に、コンシーラーで色味を整えておきましょう。

血行不良による青クマや紫外線ダメージによる茶ぐすみ、まぶたのたるみの影があることで顔が目元が暗く、疲れたような印象を人に与えてしまうので要注意です。

目の下のくすみが気になる場合には、肌馴染みのいいオレンジ系のコンシーラーを選びましょう。

あまり白いものを選ぶと悪目立ちしてしまうので、注意が必要です。

筆ペンやチップタイプの柔らかいテクスチャーのものを選び、塗るときには目のキワから5mmほど離しましょう。

まぶたに何本かラインを引くようにつけたら、手でポンポンと叩いてなじませます。

もしムラになってしまうようなら、メイク用のスポンジでオフしてください。

ハリが足りないなら、アイクリームをプラス

目元のハリ不足を感じる場合は、メイクでカバーしようとするとついついやり過ぎてしまい、厚塗り感が出てしまいます。

厚化粧では老けて見えてしまうので、アラフォーのメイクは「やりすぎない」ことが大切です。

さほどカバーしなくても済むようにするために、アイクリームなどを使ってまぶたをケアしておきましょう。

メイクの下準備としてアイクリームを塗っておくことでアイシャドウなどのノリも良くなり、メイクの仕上がりもきれいです。

アイクリームを塗る場合には、まぶたの中央だけではなく、目のキワまでしっかり塗りましょう。

アイラインにも工夫が大切

アイライン

アイメイクの仕上がりを左右するのは、アイラインも同様です。

アラフォーのメイクでは主張のしすぎはNGなので、アイラインを引く際もできる限り細く、ナチュラルに仕上げることを心がけましょう。

「ラインを引く」というよりは「まつげの隙間を埋める」というふうに意識するといいでしょう。

ナチュラルに仕上げることができれば目元もケバくならず、ぱっちりとした印象的な目元に仕上げられます。

目尻にタレ目の下向きラインを引きたいという人もいるでしょうが、まぶたがたるみがちなアラフォーの女性がやってしまうとより一層まぶたが垂れて見えてしまうので、避けてください。

太めのラインもケバく見えてしまうので、控えましょう。

ナチュラルに仕上げるためには、目尻にのみラインを引くというのもポイントです。

アイライナーの選び方

アラフォーのアイライナーの選び方にはいくつかポイントがあります。

アイラインはブラックが主流ではありますが、アラフォーの場合はブラックよりもブラウン系のカラーを選んだほうがナチュラルに仕上がるのでおすすめです。

ブラウンであれば上品で大人っぽい雰囲気を出すことができますし、誤って太めに引いてしまったとしてもそこまできつい印象にならずに済みます。

また、キワにラインを引く際にはリキッドや筆タイプなど、細かい部分に塗りやすいものを選んでください。

目のキワにブラックラインを引いて、その手前にブラウンラインを引き、少し太さを出すと、ナチュラルながらも存在感のある目元に仕上がります。

マスカラ選びも重要なポイント

マスカラについて

アイメイクをする際には、マスカラもとても重要なものです。

特にまぶたがたるみがちなアラフォーの年代のメイクでは、マスカラを使ってまつげをしっかりとカールさせてあげておかないと、ぼんやりした印象になってしまいます。

マスカラを選ぶ際には、自分のまつげのタイプを考慮して選ぶことが大切です。

まつ毛が少ない人はボリュームアップタイプがおすすめですし、まつ毛が短い場合には根元から持ち上げることができるスクリューブラシタイプを選びましょう。

まつ毛が細くて抜けやすい人は、キューティクルを保護する保湿成分が含まれたものがおすすめです。

アラフォーに若い頃と同じメイクはNG!

アイメイク

若い頃のメイクをそのまま継続している40歳前後の人もいるでしょうが、メイクは年齢に応じて変えていく必要があります。

若い頃の派手めなメイクを継続していると、色だけが浮いて老けて見えてしまうことがあるので要注意です。

アイシャドウを入れすぎたり、ブラックラインでくっきり囲んだり、ラメたっぷりのグラデーションシャドウを使ったりすると、「若作り感」が出てしまいます。

アイラインが太すぎるのも清潔感がなく浮いてしまうので要注意です。

目のキワの粘膜にインサイドラインを入れると目がくっきりと見えますが、アラフォー女性がやると「無理しすぎ」「痛々しい」と思われてしまいます。

うるんだ瞳に見せることができる涙袋メイクも、肌がくすみがちなアラフォー女性がやってしまうと浮いてしまうので要注意です。

40代が近づいたら濃いめのカラーは封印して、透明感のある色味を選ぶようにしましょう。

アラフォーでも、メイクを楽しもう!

今回は、アラフォー女性のメイクのポイントについて紹介してきました。

加齢とともにまぶたはたるんでしまうので、「盛りすぎない」ナチュラルメイクになるように心がけましょう。

色味は派手なものではなく透明感のあるものを選び、くっきりと目元を目立たせないことも重要です。

正しいメイクのやり方をチェックして、若々しい印象的な目元を目指しましょう!