腸活にはヨーグルトが効果的だと聞きますが、なぜヨーグルトが腸活に効果的なのでしょうか?

腸内環境を整える腸活は、美と健康を意識する人すべてが実施すべき活動です。

腸内環境を整えるには、腸内で善玉菌として働く乳酸菌が豊富に含まれているヨーグルトが効果的です。

腸活効果を高めるヨーグルトの食べ方をまとめました。

腸活とは?何と気になる方は下記の記事もご覧下さい。

なぜ腸活にヨーグルトが有効なのか

腸活とヨーグルト

腸内にはビフィズス菌などの腸活動を活発にする善玉菌も存在しますが、ウェルシュ菌や黄色ブドウ球菌などの腸活動を不活発にする悪玉菌、悪玉菌や善玉菌の影響を受けて活動する日和見菌も存在します。

腸活動を活発にし、腸内環境を整えるためには、腸活動を活発にする善玉菌を増やす必要がありますよね。

発酵食品であるヨーグルトには善玉菌である乳酸菌やビフィズス菌が豊富に含まれていますので、ヨーグルトを摂取するだけで、手軽に善玉菌を増やすことができるのです。

しかし、ヨーグルトさえ食べれば善玉菌が増えるというわけではありません。善玉菌の中には酸に弱いものもあり、腸に届く前に胃酸で破壊されてしまうこともあるからです。

また、熱に弱い善玉菌もあり、食べ物の温度や食べ合わせによっては、食べる前や食べた直後に破壊されることもあります。

ヨーグルトを食べるときは、どのような種類の善玉菌が含まれているかを理解するだけでなく、どのように食べれば腸活効果を発揮できるのかについても、しっかりと理解しておくようにしましょう。

腸内環境に効果的な有用菌

有用菌について

腸内環境を整えるために有用な菌を「善玉菌」と呼びます。善玉菌の代表として乳酸菌が挙げられますが、乳酸菌にはビフィズス菌やアシドフィルス菌、フェカリス菌などのさまざまな種類があります。

腸活に効果的なヨーグルトにはビフィズス菌がある

小腸の下部や大腸内に生息するビフィズス菌は、乳酸や酢酸を生成して腸内環境を良好な状態に整えるだけでなく、腸を刺激してぜん動運動を促進する働きも示します。

また、ビフィズス菌には、脂質の代謝を改善する効果があることが研究により分かってきました。

肥満予防効果を期待したい人も、ビフィズス菌が入った飲料やヨーグルトを積極的に摂りたいですね。

腸活に効果的なヨーグルトにはアシドフィルス菌がある

アシドフィルス菌は、主に小腸内に生息する乳酸菌の一種です。

酸に対して強いため、口から取り入れても胃酸に破壊されずに生きたまま腸まで届くという強みがあります。

また、悪玉菌は酸性の環境では増殖しにくいという特性があります。

アシドフィルス菌は腸内で乳酸を作り出して腸内環境を酸性にするため、結果として、悪玉菌の増殖抑制に大きな効果を発揮します。

腸活に効果的なヨーグルトにはフェカリス菌がある

フェカリス菌も、アシドフィルス菌と同じく主に小腸内に生息する乳酸菌の一種です。

増殖するスピードが速いため、悪玉菌の発生を適度に抑制する働きも示します。

悪玉菌を増やし過ぎないことで、体内に老廃物や有害細菌が溜まりにくくなり、免疫力アップ効果も期待できますよ。

腸活に効果的なヨーグルトの食べ方

効果的な食べ方

ヨーグルトに入っている乳酸菌を腸内に届けるためにも、効果的な食べ方を理解しておかなくてはいけません。

ヨーグルトを選ぶ際の注意点と食べるタイミング、整腸効果を高める食べ合わせについて見ていきましょう。

腸活におすすめのヨーグルト

乳酸菌とは、乳酸を作り出す細菌の総称です。

「乳酸菌入り」と記載されているヨーグルトを食べても、どのような乳酸菌が入っているか分かりませんよね。

適当にヨーグルトを選ぶと、体内に取り入れた細菌のほとんどが善玉菌ではなかったり、善玉菌であっても生きたまま腸内に届かなかったりすることがあります。

ヨーグルトを選ぶときは、「ビフィズス菌」や「アシドフィルス菌」「フェカリス菌」など、善玉菌として働くことが分かっている菌が入っている商品を選ぶようにしましょう。

たっぷりと食べるならプレーンヨーグルトがおすすめ

ヨーグルトの中には、ヨーグルト特有の酸味や臭みを消すために大量に糖分が添加されている商品もあります。

おやつとして時折ヨーグルトを食べるなら甘いヨーグルトでも良いのですが、健康のためにヨーグルトを食べるのなら、加糖されていないプレーンヨーグルトがおすすめです。

甘味がどうしても欲しいときは、乳酸菌の増殖効果もあるオリゴ糖で甘味をつけたり、食物繊維が豊富なバナナを入れてみてはいかがでしょうか。

食べるタイミング

アシドフィルス菌は酸に比較的強い乳酸菌ですが、その他の乳酸菌は、酸性が強いと破壊されてしまい、腸に生きたまま届かない可能性が高いです。

お腹が空いているときは胃酸の酸性が強くなりますので、食事が終わって胃酸の酸性が弱まってから、ヨーグルトを食べるようにしてください。

腸活に効果的なヨーグルトちおすすめの食べ合わせ

乳酸菌のエサになるオリゴ糖は、ヨーグルトとぜひ一緒に接種したい成分です。

オリゴ糖入りのヨーグルトを食べることもおすすめの方法です。

しかし、自分で甘味を調整したい方は、プレーンヨーグルトにドラッグストアなどで売られているオリゴ糖を適量かけて食べることをおすすめします。

乳酸菌とオリゴ糖の相乗効果で腸の働きが活性化されますので、ダイエット効果も期待できますよ。

また、腸内の老廃物を適度に排出するためにも、食物繊維が含まれた食品をしっかりと摂取したいものです。

腸に有害な物質を吸収させない効果が期待できる水溶性食物繊維だけでなく、腸を刺激してぜん動運動を活性化する不溶性食物繊維も積極的に摂取していきましょう。

野菜やフルーツ、イモ類には水溶性食物繊維が、キノコ類や豆類には不溶性食物繊維が豊富に含まれています。

バナナやパイナップルを乱切りしてヨーグルトに加えたり、飲むヨーグルトにおからパウダーや小麦ブランを混ぜたりするだけで、乳酸菌と食物繊維をどちらも豊富に摂取できる健康効果抜群のレシピが完成しますよ。

腸活に効果的な食べ物について詳しく知りたい方はこちらの記事もご覧ください。

食べ物だけでは体はきれいにならない

体内環境

腸活で腸内環境を整えると、お通じだけでなく肌状態も改善されます。

便秘解消とニキビ改善・肌荒れ解消を目指すなら、腸活に真剣に取り組んでいきたいですよね。

しかし、腸活は食べ物だけでは完成しません。料理以外にも次の方向から腸にアプローチしていきましょう。

適度な運動

しっかりと水分と栄養を摂って、適度に運動することが、すべての健康の基本です。

老廃物を溜めこまない体を作るためにも、軽いランニングやウォーキング、ストレッチなどの適度な運動を、生活に組み込んでいきましょう。

規則的な睡眠

身体をしっかりと休息させるためにも、適度な長さの睡眠は不可欠です。

生活のリズムが整うと排便時間も整い、結果として腸環境も改善されますので、できれば毎日同じ時間に寝て同じ時間に起きるようにしたいものです。

生活を楽しむこと

ストレスが心身の健康を損なうということは分かっていても、現実には、ストレスを感じる問題は多く、毎日何かしらのトラブルを抱えて生きていますよね。

「ストレスを抱えることはいけない」という気持ちが、返ってストレスの原因になっていたりすることもあります。

まずは生活自体を楽しむことを第一にしてください。

ダイエットも腸活も「しなくてはいけない」と負担に感じるのではなく、「体がすっきりとして嬉しい」「おなかが快適だと気持ちも良い」とポジティブに捉えるようにしてみてはいかがでしょうか。

楽しむ気持ちで腸活に取り組むなら、生活の一部として腸活を続けることができますし、健康で美しい身体を手に入れることにも繋がりますよ。

ヨーグルトをしっかりと選んで腸活しよう

腸活にヨーグルトは有効です。しかし、選ぶ方法や食べ方を間違えると、腸内環境を整える効果を期待できません。

善玉菌として働く乳酸菌が入ったヨーグルトを選び、食後に食べることを習慣化するようにしましょう。

また、ヨーグルトと一緒に、オリゴ糖や食物繊維などの腸活を助ける成分を摂取することもおすすめです。毎日楽しく、腸活を続けていきましょう。