辛い冷え性(冷え症)に悩んでいる女性は多いのではないでしょうか?冷えはさまざまな体の不調を引き起こします。

この記事ではなぜ冷えが起きるのかを徹底的に解説。

冷え性の対策として血流が滞りやすい足を温める方法をご紹介します。

冷え性の原因とは

冷え性対策

冬になると寒さを感じ、外に長くいるほど体が冷え切ってしまいますが、部屋に入り体を温めることで解消されます。

しかし、いくら温めても手先、足先が温まらず慢性的に冷え切った状態が続いているのが冷え性です。

まず、冷えがどうして起こるのか原因について解説します。

ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスの乱れは生理不順など体にさまざまな不調を起こすことがあり、冷え性も症状のひとつです。

ホルモンバランスが乱れてくると、体の内臓の働きを調節している自律神経の働きが弱くなり、血液が手足の先までしっかりと行き渡らなくなってきます。

更年期障害でよく起こる「ほてり」という症状も冷え性の一種です。

女性は更年期に入ると女性ホルモンの分泌が急に減少してくるため、自律神経が乱れやすくなり、自律神経失調症状が現われてくるのです。

たとえば、冷え性だった人が更年期に入ると、急にほてりが出てきたり、汗が出やすくなったりすることがあります。

首から上はほてっていて、下半身が冷えている状態も良くみられる症状です。

では、ホルモンバランスがなぜ乱れるのか次の見出しで説明していきます。

ストレス

自分の許容範囲以上の不安や緊張が続きストレスが溜まってくると、自律神経の働きが低下し、血流に影響が出てきます。

ストレスを感じると、体の各器官をコントロールしている交感神経が優位になってきて、血管が収縮するからです。

たとえば、長時間の仕事などで交感神経が優位な状態が続くと血管が収縮するため、血流が悪くなり、血液が全身に十分に届かなくなり、冷えにつながります。

住まいの環境や衣類

冷え性の原因は体質的なことだけでなく、生活習慣の積み重ねにも原因があります。たとえばエアコンの普及や衣服などです。

エアコン

現代生活に欠かせないエアコンは使い方によっては冷えの原因となります。

クーラーや暖房に頼り過ぎ、室内の空調がいつも効いている状態になっていると、室内と屋外の温度差が大きくなるため、体温をコントロールする自律神経が鈍くなってきます。

そのため、体を温めようと血液を送り出す指令がスムーズに働かなくなり、夏でも冷え性になるのです。

衣類

女性に冷え性が多いのには衣類も関係があります。女性の場合、スカートやストッキングなど保温性が低い衣類が多く、薄着も多いため冷えやすいと言われています。

薄手のものでも重ねて着ることで温度差を調整しやすいです。

過度のダイエット

無理なダイエットも冷え性の原因です。特に運動せずに食事制限をするダイエットでは、熱を生み出すために必要な筋肉を落としてしまいます。

さらに、タンパク質やビタミンといった体の維持に必要な栄養素も減ると、栄養失調により冷えが悪化することもあります。

運動不足による筋力の低下

夏は暑いし冬は寒いからと、運動を避けていませんか?

女性に冷え性が多いのは、男性よりも筋肉が少ないので運動による発熱や血液量が少ないことも原因のひとつです。

筋肉にはたくさんの毛細血管があるので、筋肉を動かすことで血流が良くなり体が温まってくるのです。

夏でも汗をかかない人がいますが、ストレッチなど血行を促進させる運動の不足が原因ともいえます。

足を温める冷え性対策

冷え性対策

血流が滞りやすい足の血行を良くすることが全身の血行促進につながるため、足を温めることが冷え対策につながります。

血液は重力の関係で下半身にたまりやすいため、血液を送るときには重力に逆らって下から上に送らなければならず、多くのエネルギーが必要です。

足は心臓から最も遠い場所にあり心臓のポンプ作用の力が十分に届かないため、血流の勢いが足りません。

そこで、第2の心臓と言われるふくらはぎの筋肉が血液を心臓へと戻す役割を担っています。

そのため、運動不足によりふくらはぎの筋力が低下し、筋肉量が極端に少なくなると、血液を心臓へ戻せず血行不良となり、足がむくんだり、足先が冷えたりするのです。

足は体内でも血流の多い部分ですが滞りやすいため、足を温めて血行を良くすることが全身の血行促進につながります。

では、具体的な足を温める冷え性対策を見ていきましょう。

足湯で温まる

冷え性を改善するには、いろいろな角度から生活を改善することが有効です。

体の内側から温めることで血行を良くするには、やや熱めの足湯に入ることもおすすめです。

頭寒足熱と言われるように、足を温めると体に良い影響があります。

足先を刺激すると、温まった血液がポンプ作用で全身に流れ、代謝が上がりやすくなります。

つまり体に溜まっている冷えを解消するには、内臓に負担がかかりやすい全身浴よりも、足湯のほうが効率的というわけです。

足湯は洋服を着たままできるので、足先の冷えに悩んでいる方に特におすすめします。

3つの首を温める?!

首、手首、足首の3つの首には太い動脈が集まっているため、この部分が冷えると、冷たい血液が体中を巡り全身が冷えてしまうのです。

反対に温めれば温かい血液が流れ、体が温まります。

手首 足首
襟のつまった衣類を着たり、マフラーを巻く 手首ウォーマーを使う 靴下の重ねばきやレッグウォーマー

3つの「首」を時々グルグル回すと温まります。

ツボ押し・マッサージ

冷え改善には身体の中から温めるためのツボ押しとマッサージがおすすめです。

ここでは冷え改善に効果的なツボの場所と簡単にできるマッサージをご紹介します。

ツボ押し

足裏のツボを刺激する方法も冷え対策に効果的です。3つのツボを紹介します。

足三里 太谿(たいけい) 三陰交
ひざ下のくぼみから指4本分下の場所。全身の疲れを取るツボと言われています。 内くるぶしの後ろ下部分とアキレス腱の間にあるくぼみ。足の冷えの症状の改善に効果があります。 内くるぶしの一番高いところから指4本分上ですねの際。女性特有の不調の緩和に万能なツボです。

マッサージ

ふくらはぎのマッサージは血行の促進に効果的です。

血液を心臓に戻すことが重要なので、両手で足首を覆い、力を入れてくるぶしからアキレス腱へ、そして膝に向かってマッサージします。

すると、溜まっていた血液の循環が良くなり、冷えをはじめ、足のむくみやだるさなどが改善されます。

できればお風呂上りに毎日行うと効果的です。

運動を習慣にする(ストレッチ・ヨガ・スクワットなど)

生活習慣病という言葉がよく使われますが、運動などで生活習慣を改善するとさまざまな疾病の予防や治療に役立つことが分かっています。

冷え性も、日々の食生活とともに以下のような運動を取り入れることで改善が期待できます。

ストレッチ

手っ取り早く温めたいなら冷えている場所を動かすことが一番です。

手足の指先を閉じたり開いたりする、手首足首を回す、足の甲を伸ばすといった簡単なストレッチを行いましょう。

通勤の電車やバスの中、デスクの下などで、積極的に血行促進を心がけることが大切です。

ヨガ

近年人気のヨガは、深呼吸しながら繰り返し一定の体の動きを行うことで、血行を促進し体を温める効果が期待できます。

以下はヨガで行う簡単な血流を促す対策です。

足指を刺激する

足指は長時間動かされない部分なので、足の指を開放して毛細血管の血流を促します。

  1. 床に座り、右足を伸ばしその上に左足を置く
  2. 左足の指の間にに右手の指をいれて絡め、左足の指先を動かす
  3. 反対側も同様に行う

手足ブラブラ運動

床に仰向けになり、手足を天井に向けて持ち上げ、ブラブラ動かすだけです。

手足がじんわりと温まるまで続けましょう。

心臓よりも高い位置に手足を持ち上げることで、血流が良くなります。

スクワット

脚を肩幅よりも少し広く開いて、背筋を伸ばした状態で、ゆっくり腰を下ろして、また上げる動きを繰り返します。

スクワットは腰、太もも、脚の筋肉といった体の中でも面積の大きい部分の筋肉を一度に鍛えられるため、血流促進と代謝の向上に効果的です。

温かい食事・飲み物を摂る

冷え性を防ぐには、体の熱を維持する必要があるので、冷たい物は避けて、温かい食べ物や飲み物を摂るようにしましょう。

体を温める食べ物を調理する際に生姜、唐辛子、ニンニクなどのスパイスを加えると、血液の巡りがさらに良くなり体を早く温めてくれます。

ただし、スパイスは刺激物なので、大量に摂らず、毎日の食事に少しずつ取り入れましょう。

体の中から温めてくれるハーブティーも冷え対策におすすめです。温かい飲み物を飲むとホッとしてリラックス効果も得られます。

ジンジャー、シナモン、ローズマリーなどがおすすめです。

冷えが深刻な場合は医療機関へ

冷え性がひどい場合は病気が隠れている場合もあるので、病院を一度受診してみましょう。

腎炎、糖尿病、膠原病、卵巣機能障害などの病気が原因で血行障害が起きている可能性も考えられるからです。

女性に多い冷え性ですが、最近は冷え性に悩む男性も多くなっています。男性の冷え性では生活習慣病による動脈硬化が関係していることが多いです。

足を温めて冷え知らずの体になろう!

冷え性は、血流が滞りやすい足を温めるケアを行えば、全身の血行不良が改善できます。

血行が良くなれば、体の不調が改善できる他、疾患の予防にもつながります。

夏は特にクーラーや冷たい食べ物・飲み物で必要以上に体を冷やしがちですが、規則正しい生活と足を適切に温める対策で冷え知らずの体になりましょう。