40代になり前髪が気になり仕方無いという人も多いのではないでしょうか?

エイジングサインが気になり始めたという40代女性におすすめなのが、前髪を作ること。

実は、前髪を作ることによって若々しく見せることができるのです。

そこで、今回は40代女性におすすめの前髪スタイルやアレンジについて解説します。

40代女性は前髪があったほうが若く見える!

前髪を作るべき

「前髪があると幼い印象になりそう」と前髪を作ることに躊躇いを感じている40代女性は多くいます。

確かに、前髪なしのスタイルは大人の女性らしさを演出してくれます。

しかし、前髪を作ってうまくアレンジすれば、年齢による悩みが解決されることがあります。

まずは、前髪を作るとどんなメリットがあるのか見ていきましょう。

40代の前髪はシワ隠しに有効

 
年齢を感じさせてしまうおでこや眉間のシワ。

前髪を作れば、簡単に隠すことができます。

また、前髪のアレンジ方法によっては、視線を前髪に集めることができます。

視線が前髪に集まれば、隠しきれないシミやシワ、たるみなども目立ちにくくなります。

生え際の白髪が目立ちにくくなる

前髪の生え際や耳上などのサイドは白髪が増えやすい部分です。

そのため、前髪をかき上げると白髪が目立ってしまいます。

しかし、前髪を下ろしておけば、生え際の白髪が見えることはありません。また、前髪を斜めに流せばサイドの白髪も隠しやすくなります。

40代の前髪は若い印象を作れる

前髪を下ろしておくと、顔の重心が下がります。顔の重心を下げると、相手に若い印象を与えることができます。

また、前髪でおでこを隠すと、露出している顔の面積を減らせるため小顔に見えるという効果もあります。

ぱっつん前髪はNG

前髪には年齢による悩みをカバーする効果や若い印象を作る効果があります。しかし、切り揃えたぱっつん前髪はNG。

40代の女性が、幼い印象のぱっつん前髪にすると若作りしているように見えてしまうためです。無理な若作りはかえって年齢の悩みを目立たせることもあります。

そのため、40代はぱっつん前髪にせず、カットを工夫したりアレンジしたりすることが大切なのです。

40代女性におすすめの前髪4選

 

前髪を作る

40代の人が前髪を作ることにはメリットがあると紹介しましたが、ただ前髪を作ればいいという訳ではありません。

ぱっつん前髪のように40代女性は避けた方がよい前髪スタイルもあります。

次は、40代に似合う前髪をセット方法と共に紹介します。

前髪を定番のフルバング

おでこを隠すように前髪を下ろすフルバング。目の上ギリギリの長さにすると、目力もアップしますし、目元のたるみも目立ちにくくなります。

しかし、目の上で切り揃えたままにしてしまうと、ぱっつん前髪になってしまいます。セットして、軽くサイドへ流すようにしましょう。

前髪のセット方法

前髪を巻く時は、流したい方向と逆の方向に引っ張りながら巻くのがコツです。
また、ワックスは付け過ぎに注意しましょう。

付け過ぎると、ワックスの重みで前髪のボリュームがダウンしてしまいます。

  1. 1.コテやカーラーを使って前髪を内巻きにします。
  2. 2.手を使って、軽く横に流します。
  3. 3.毛先に少量のワックスを付けて整えます。

40代には眉上前髪もおすすめ

オン眉とも呼ばれる眉上前髪。アクティブで若々しい印象を作ることができます。

ただし、面長の人は注意が必要です。顔の長さが強調されるため、老けて見えることがあります。

面長の人が眉上前髪に挑戦するなら、眉上ギリギリの長めの前髪にするのがおすすめです。

セット方法

前髪を下に引っ張りながらワックスを付けると、短い前髪が浮きにくくなります。また、前髪を斜め下に引っ張って、斜めに流すアレンジもおすすめです。

  1. 1.人差し指と親指に少量のワックスを付けます。
  2. 2.前髪を少しずつ摘まんで、毛束感を出します。

9:1の大胆分け

「やっぱり前髪を作る勇気がない」という人におすすめなのが、9:1に分ける前髪。

ふんわりと前髪をサイドに流すことによって、前髪を短く切ることなくおでこを隠すことができます。

また、カーラーやワックスを使わずに簡単にセットできるのも嬉しいポイントです。

セット方法

「前髪の長さが足りず、耳にかけても落ちてきてしまう」という場合はピンで固定しましょう。また、8:2にすることで雰囲気を変えることもできます。

  1. 1.前髪を9:1に分けます。
  2. 2.前髪に内側にコームを入れて軽く逆毛を作ります。
  3. 3.おでこを隠すように前髪に丸みをつけながらサイドに流し、耳にかけます。

シースルーバング

「重めの前髪にすると若作りしているように見える」という人におすすめなのが、シースルーバング。額が透けて見えることによって、軽やかな印象を与えることができます。

ただし、若い人のように前髪をペタンと下ろしたシースルーバングはNG。大人の女性が真似するとボリュームがないように見えて、貧相な印象になってしまいます。

カーラーなどを使って、ふんわりとしたシースルーバングを作りましょう。

セット方法

基本のシースルーバングはカットで作りますが、ワックスを使って作ることもできます。

おでこが透けるように前髪を残しながら、前髪の表面をサイドに流してワックスで固定します。

「カットして似合わなかったらどうしよう」と躊躇している人も是非挑戦してみてくださいね。

  1. 1.コテやカーラーを使って、前髪を内巻きにします。
  2. 2.指先にワックスを付けて毛先を摘まみ、毛束感を出したり斜めに流したりして整えます。

タイプ別にヘアスタイルを選ぶことも大切

タイプ別の前髪

好きな髪型にするのもよいですが、自分に似合ったスタイルやアレンジをすることも大切。

また、40代に入ると髪質が変化するため、今までのスタイルが似合わなくなることもあります。

次は、顔の形や髪の毛の悩みに合わせたスタイルを紹介します。

丸顔の人には縦を強調する前髪

丸顔は、顔の縦の長さと横の長さが1:1の比率です。若い印象になるのがメリットです。

顔が大きく見えるというデメリットもあります。そのため、眉上前髪や斜め分け前髪など、縦の長さを強調する前髪がおすすめです。

そして、より縦長に見せたいならロングヘアがおすすめです。ショートヘアやボブヘアは丸顔が強調されてしまうため、なるべく避けるようにしましょう。

また、ロングヘアでは重い印象になってしまうという場合は、髪色を明るくすることによって垢抜けた印象を作ることができますよ。

面長の人は前髪必須

面長は丸顔に比べて顔の縦の長さが長いのが特徴。落ち着いた印象がある一方で、老け顔に見られてしまうこともあります。

そのため、顔の長さをカバーするために前髪は必須です。また、短い前髪よりも長い前髪の方がベターです。

そして、ボブヘアにして前髪とサイドの髪の毛で顔を包み込むようにすれば、面長がより目立ちにくくなります。

ふんわりとした可愛らしいボブに抵抗があるという人には、ボブよりも短くショートよりも長い大人ショートボブがおすすめですよ。

ボリュームが気になり始めた人は根元から巻く

加齢によって毛量が減り始めると、前髪がペタンとなってしまいます。そして、前髪のボリュームがなくなると老けて見える原因になります。

そのため、カーラーやロールブラシを使って前髪を立ち上げ、ボリュームを出しましょう。

また、前髪が長い場合は、思い切って根元から外巻きにするアレンジもおすすめです。

うねりが気になり始めた人にはふんわり前髪

頭皮も肌と同様に加齢によってたるみます。頭皮がたるむと毛穴が歪むため、生えてくる髪の毛もうねってしまうのです。

うねりが気になり始めた人は、そのうねりを利用してふんわりとした前髪にアレンジしましょう。

カーラーを使って内巻きにするだけですので簡単ですよ。

すぐにカールが崩れてしまうという場合は、前髪の内側と表面の2回に分けて巻くのがおすすめです。

内側は小さ目のカーラー、表面は大き目のカーラーを使用して巻くのがコツです。

40代を魅力的に見せる前髪を選ぼう!

40代は顔のエイジングサインが気になり始める時期。しかし、前髪をうまく利用すれば、年齢による悩みを解決することができます。

「大人になると前髪を作ることに抵抗がある」という女性もいるかもしれませんが、スタイルやアレンジ次第で今よりもずっと素敵な女性になれる可能性があるので、是非挑戦してみてくださいね。

40代女性の悩みについて、もっと詳しく知りたいかたはこちらの記事もご覧ください。