どんなに高価な化粧水でも、自分の肌に合っていなければ十分な美容効果を得ることはできません。

化粧水にはたくさんの種類があり、どれを選んでいいのか迷う人も多いと思います。

今回は化粧水の効果について解説します。

化粧水の主な役割

化粧水の主な役割

化粧水の主な役割は顔の素肌の保湿です。

化粧水は素肌のケアを目的とする基礎化粧品の一つであり、基礎化粧品には化粧水の他に美容液と乳液・クリームがあります。

基礎化粧品による肌のケアはまず洗顔、その後に化粧水で保湿し、美容成分を含む美容液で肌に栄養補給をし、最後に乳液で水分を閉じ込め保湿性をキープする、という流れが基本となります。

美容液の主な目的はシミやシワなどの予防やエイジングケアなどの美容効果ですが、保湿成分も含まれるため、美容液にも保湿効果があります。

洗顔後に化粧水をつける理由は、洗顔は肌に付着している汚れや皮脂とともに保湿効果のあるセラミドやNMF(天然保湿因子)も一緒に落としてしまうためです。

洗顔後は素肌が最も乾燥しやすい状態のため、基礎化粧品による素肌のケアは洗顔後に行うのがベストのタイミングです。

化粧水はたくさんの種類がある

化粧水の種類について紹介

一口に化粧水といってもその種類は豊富で、化粧品売り場には多種多様な化粧水が売っています。

化粧水選びで大切なことは自分の肌に合ったタイプの化粧水を選ぶことです。

導入化粧水(プレ化粧水・ブースター)

導入化粧水は「プレ化粧水」、「ブースター」、と呼ばれる場合もあります。
導入化粧水はメインの化粧水をつける前につけて、メインの化粧水の肌への浸透をより良くする効果があります。

保湿化粧水

保湿化粧水は保湿性を最も重視したタイプの化粧水です。そもそも化粧水は保湿を目的とした基礎化粧品のため、保湿化粧水は最もスタンダードで人気のタイプの化粧水です。

保湿化粧水は保湿性を重視しているため、使った後はみずみずしい素肌に仕上がるのが特徴で、乾燥肌と最も相性が良い化粧水です。

収れん化粧水

収れん化粧水は化粧水の中でもアルコール成分が多めに配合されています。化粧水に含まれるアルコールとはエタノールです。

アルコール成分が多いと素肌の毛穴を引き締める効果が高く、毛穴の黒ずみ予防にも効果的です。

アルコールは皮脂と溶け合う性質があるため、アルコール成分を多く含む収れん性化粧水は皮脂が多めの肌質と相性の良く、ニキビ予防にも効果的です。

ふき取り化粧水

拭き取り化粧水は素肌のメイク残りや古い角質など汚れを除去することを目的とする化粧水です。

拭き取り化粧水は洗顔後に残った汚れを除去するのが主な目的であり、保湿やスキンケアを目的とした他の化粧水とはかなり中身が違います。
ふき取り化粧水は汚れ落としを主な目的としているため、アルコール成分や刺激性成分が多めに含まれます。このため敏感肌には相性が良くありません。

ふき取り化粧水に保湿性はあまりありません。拭き取り化粧水の他に、保湿のために別の化粧水を使うことをおすすめします。

美白化粧水

美白化粧水とは美白成分を含む化粧水です。美白有効成分とはメラニンの生成を抑制してシミ、そばかすを防ぐエイジングケアの効果があります。

美白化粧水はシミ、そばかすが気になる場合や、普段から紫外線を浴びることが多い人に最適な化粧水です。

美白化粧水は保湿性成分も含むため、スタンダードな化粧水のように使うこともできます。

ニキビ用化粧水

ニキビ用化粧水はその名の通りでニキビケアに重点を置いた化粧水です。

通常の化粧水のように保湿効果があり、さらに抗炎症作用があるグリチルリチン酸やトコフェロールなどが含まれ、ニキビの予防とケアに効果的です。

化粧水以外のスキンケア用品

厳密には化粧水ではありませんが、スキンケアを目的として使うスキンケア用品に以下があります。

アフターシェービングローション

アフターシェービングローションは主に男性が髭剃りをした後につけるスキンケア用品です。髭剃りをして素肌にカミソリを当てると素肌の組織が傷つき、乾燥もするため、それをケアするのが主な目的です。

髭剃りは主に男性がすることですが、女性でも顔の産毛を剃ったりムダ毛の処理をしたりするため、アフターシェービングローションを使う場合もあります。

ボディローション

化粧水は顔の素肌のスキンケアを目的としていますが、ボディローションはその名の通り身体の素肌のケアを目的としています。

多くのボディローションは美肌効果のあるヒアルロン酸やビタミンC誘導体などの美容成分を含みます。

身体は顔のようにメイクすることがないため、顔の素肌ほど乾燥の心配はありません。しかし秋から冬にかけての乾燥する時期には肌トラブルもあるため、乾燥肌の場合はボディローションを使った保湿が有効です。

ボディローションは入浴後に使うのが基本で、特にヒジやかかとなどの乾燥しやすい部分に念入りにつけるのがおすすめです。

化粧水の効果的な使い方

化粧水の効果的な使い方

化粧水には一回に使う適量や、効果的な付け方があります。化粧水の正しい使い方を見ていきましょう。

化粧水の適量

化粧水に限らずですが、化粧品の使い方に説明でよく「適量」と表記されている場合があります。
用法の説明で「適量」と表記されるのは肌質によって使う量が違ってくる場合です。つまり適した量が人によって違うため、中立な立場での説明では適量と表記するのが適当、という理屈ですね。

化粧水の場合は大体500円玉くらいが一回の量の目安です。500円玉程度を基準に、自分は多めが適量なのか、少なめでいいのか、を何回か試し、自分の適量を見つけるのがいいでしょう。

目安としては、化粧水を使った後に手のひらや指の腹でキュッキュッと顔を押すハンドプレスをしてみて、肌が吸い付くようにしっとりしていたら化粧水の保湿効果が利いていると判断していいでしょう。もしもまだサラサラで乾いたような感触の場合は化粧水が足りていないかもしれません。
以上のように使用後のハンドプレスで適量を模索するのがおすすめです。

化粧水はコットンでつける?手でつける?

化粧水は手でつける方法とコットンを使ってつける方法の2種類があります。
コットンは消耗品なので手でつければ簡単ですが、ムラ無くつけることができる点がコットン使用のメリットです。
手でつける場合は予め手をきれいに洗っておかないと手についている雑菌が化粧水と一緒に顔についてしまうこともあり、コットンは衛生面でも優秀です。
化粧水はアルコール成分を含むものもあるため、瓶から出すと少しずつ気化します。コットンに染み込ませれば気化を防ぐことができるメリットもあります。

以上のようにコットン使用はメリットが多いのですが、化粧水をコットンに染み込ませて使うとどうしても一回の量が多くなり、ランニングコストが悪くなるデメリットもあります。
また化学繊維が入っているコットンは製品によっては肌との相性が悪い場合もあります。特に敏感肌の場合は、コットンの繊維の摩擦で肌を痛めてしまいます。

手で化粧水をつける場合、コットンと比べて凸凹があるため塗り残しが発生する場合がありますが、ムラなく塗れるように気をつければ手で塗っても問題はありません。
手でつけると手の温度で化粧水が人肌に温まり、肌に浸透しやすいというメリットもあります。
手で化粧水をつけた場合には、肌の状態を手で確認できる点もメリットです。

■コットン使用のメリット

  • ムラなく塗ることができる
  • 化粧水の気化を防げる
  • 衛生的

■コットン使用のデメリット

  • 一回の使用量が多くなる場合がありランニングコストが悪い
  • コットンの繊維と肌の相性がある
  • コットン繊維の摩擦で肌へダメージを与える場合がある

■手でつけるメリット

  • 化粧水を人肌に温めることができる
  • 手で肌の状態を確認しながらつけることができる

■手でつけるデメリット

  • 手の凸凹で塗り残しが発生する場合がある
  • 手は雑菌が多く、よく洗ってからでないと不衛生
  • 化粧水が気化しやすい

手でつける場合はデメリットをよく理解した上で行いましょう。コットンを使わなくても化粧水の効果を十分に引き出すことは可能です。

同じ化粧水を使い続けると効果が薄くなるって本当?

化粧水は自分の肌に合ったタイプの製品を使うのが大前提ですが、自分に合った化粧水を使い続けるとその効果がだんだん薄れていく、つまり同じ化粧水を使い続けると肌がマンネリ化して効果が薄くなる、という説があります。

結論から述べると、同じ化粧水を使い続けることが原因で肌がマンネリ化することはありません。しかし同じ製品を使い続けるとだんだん効果が薄くなることはあり得る話です。

肌質に合わせて化粧水を変えていくのが正しい選び方

肌は加齢とともにだんだん質が変わってくるのが自然で、厳密には季節によっても肌のコンディションは変化します。

化粧水は肌に合った製品を使うのがベストであり、もしも自分の肌質が変わったら化粧水もそれに合わせて変えることが求められます。

特に加齢による肌質の変化は抑えようがないため、例えば同じ化粧水を10年使い続けたとすると、肌質との相性の問題で効果が薄くなるのは当然の結果といえます。

愛用する化粧水は自身の肌質の変化に合わせて変えていくのが正しい化粧水の選び方です。

化粧水はライン使いしよう

化粧水の効果

化粧品は基礎化粧品も含め、ライン使いをすると良い、という説があります。ライン使いとは、使う化粧品を同じブランド、同じシリーズで統一することです。

化粧水も含めた基礎化粧品は自分の肌質に合った製品を使うことが大切、という点を考えると、ライン使いは有効な選び方です。

同じブランド、特に同じシリーズの基礎化粧品はコンセプトが統一されているため、同じラインで揃えると必然的に特定の肌質に合わせたチョイスとなります。

自分の肌質と相性のいい化粧水を見つけた場合は、そのラインの美容液と乳液も自分の肌質に合う可能性が極めて高いのです。

ライン使いは自分と相性の良い化粧品を見つけるための有効な選択手段です。

自分の肌に合った化粧水を使おう

化粧水には多様な種類があり、自分の肌に合った化粧水を選ぶことが大切です。
自分の肌質は加齢や季節によっても変化するため、愛用する化粧水は自分の肌質の変化に合わせて変えていくのが良いでしょう。
肌に合った製品を選ぶことが大切な点は、同じ基礎化粧品である美容液や乳液、クリームも同じです。