化粧水のつけすぎが良くない理由と適量の目安、効果的なつけ方についてまとめました。

化粧水を使ってタクさんんと保湿することの大切さは、すでにご存知ですよね?しかし、あまりにも過剰に化粧水を塗ることは、実は逆効果です。

なぜ化粧水をつけすぎる事はNGなのでしょうか?化粧水のつけすぎがNGの理由について詳しく解説します。

ピンチ01

化粧水のつけすぎによる5つのデメリット

化粧水のつけすぎ

化粧水のつけすぎはなぜダメなのでしょうか?

「メイク前に化粧水」「化粧水をとにかくたっぷりと塗って保湿しよう」「化粧水を塗ってから、さらにコットンパックで化粧水を肌に浸み込ませよう」と指南している美容雑誌や記事も少なくありません。

しかし、何事にも適量があります。化粧水は多ければ多いほど良いのではなく、必要な量だけを必要な回数つけることが大切なのです。

化粧水をつけすぎると次の5つの肌トラブルが起こる可能性があります。

  1. 化粧水のつけすぎは過乾燥を引き起こす
  2. 化粧水のつけすぎで毛穴が開いてしまう
  3. 化粧水のつけすぎで肌トラブルを招いてしまう
  4. 化粧水のつけすぎで肌がベタベタしてしまう
  5. 化粧水のつけすぎで顔のむくみを発生させてしまう

上記の項目を詳しく1つ1つ理由について解説しますので、参考にしてみて下さい。

化粧水のつけすぎは過乾燥を引き起こしてしまう

化粧水のつけすぎは過乾燥を招いてしまう可能性が高いです。肌が濡れたまま放置すると、水分が蒸発し、乾燥してしまうことがあります。

また、 水分が蒸発する際に気化熱を発生し、乾燥が極度に進む“過乾燥”を引き起こすこともあるのです。

特に乾燥肌の方は注意しましょう。

化粧水のつけすぎによって毛穴が開く

適量の化粧水を皮膚につけると、毛穴がきゅっと引き締まり、凹凸の少ない美肌が完成します。

しかし、化粧水が多すぎると毛穴が閉まらず開いた状態になってしまい、キメの粗さが目立つ肌になってしまいます。

化粧水のつけすぎは赤みやかゆみなどの肌トラブルを招く

肌内部に浸透しないほどの大量の化粧水を塗ると、皮脂が肌表面に残ってしまい、肌環境にとっての刺激物になります。

赤みやかゆみなどの肌荒れが生じ、皮膚科に行かなければならない程のトラブルになることもあります。

ティッシュペーパーを顔に乗せて軽く押し、顔に浸透しない化粧水を取り去りましょう。

化粧水のつけすぎによる、肌トラブルは具体的には以下があります。

  1. ニキビ
  2. 敏感肌
  3. くすみ
  4. しみ>
  5. シワ
  6. ターンオーバーの乱れ

肌トラブルを招かないように、化粧水を使用する際には適量を使用しましょう。

化粧水のつけすぎによってベタベタ感がでる

本来、化粧水は浸透力が高いため、塗ってしばらくしたときの肌はすべすべの潤った状態です。

しかし、化粧水をつけすぎてしまうと、肌内部に浸透しない化粧水が肌表面に残り、ベタベタとした感触が出てしまいます。

また、肌表面がベタベタとしていると、汚れや古い角質、汗などの肌にストレスをかける物質が付着しやすくなります。ベタベタ感が残るほどにまで化粧水をつけないようにしてくださいね。

特にヒアルロン酸などの潤い成分がふんだんに入った化粧水は、ヒアルロン酸が配合されていない化粧水に比べて粘性が高いです。

肌に浸透しない分は、軽くティッシュペーパーで押して取り除き、適切な美容ケアをしていきましょう。

化粧水につけすぎは顔のむくみを引き起こす

化粧水が顔を覆うと、肌細胞は水分を含みすぎる状態になります。1つ1つの皮膚細胞が極度に膨れ上がると、顔はむくみ、不健康な印象を与えます。

化粧水はつければつけるほど美肌になるアイテムではありません。化粧水はもちろん、美容液やクリーム、その他の化粧品も、いずれもほどほどの量に抑えておくようにしましょう。

化粧水をつけすぎない!効果的なつけかたとは

化粧水の効果的な使い方

化粧水の効果を最大限に引き出すためにも、適量の化粧水を正しい方法でつけることが大切です。

化粧水の適量は、化粧水のボトルに記載されています。

肌のそのときのコンディションによって必要な化粧水の量は多少増減しますが、化粧水のボトルに記載されている量の2倍、3倍の量をつけるのは多すぎです。

あくまでもボトルに記されている量を基準とし、多くなりすぎないように注意してください。

手で化粧水をつける場合

適量の半分を手に取り、手のひらに広く馴染ませてから顔に押し付けるように化粧水をつけていきます。

手はコットンと比べて肌への負担が少ないというメリットがありますが、顔の隅々までまんべんなくつけにくいというデメリットがあります。

手のひらに馴染ませた化粧水を、指先まで使って顔の隅々までつけていきましょう。顔全体に化粧水を押し込んだら、残りの半量を手に取り、再度、顔の隅々までつけていきます。

2回に分けて化粧水を顔につけることで、化粧水が肌に浸透しきらずに肌表面に残ってしまうことを減らせます。

また、つけ初めからつけ終わりの量に大きな差が出にくくなるため、顔の各部分に浸み込む化粧水の量をほぼ一定に保ち、浸透量がムラにならないように調整することもできるのです。

コットンで化粧水をつける場合

コットンで化粧水をつける場合は、手でつける場合と比べて化粧水が一定量つきやすくなります。

一度にすべての化粧水をコットンに含ませ、顔全体にまんべんなくつけていきましょう。

コットンによって皮膚を摩擦しないように、軽くパッティングしてつけることが大切です。こするとシミやたるみを作ってしまいますので、決してこすらないように注意してください。

化粧水の役割には肌の保湿を保つ事がある

化粧水を使用する際に、肌の乾燥を防いでくれる為についつい過度な量の化粧水を使用してはいませんか?化粧水は適度な量で使用して、化粧水の役割を理解する事が重要です。

化粧水の役割には大きく分けて以下があります。

  1. 肌のターンオーバーを防いでくれる
  2. 肌のバリア機能を保ってくれる
  3. 肌の潤いを保ってくれる

肌のターンオーバーを防いでくれる

化粧水には肌に一定周期で古い角質から新しい角質へ生まれ変わる為のターンオーバー機能があります。ターンオーバーは肌が乾燥していると角質が固くなってしまい剥がれ落ちにくくなってしまいます。

その結果、ターンオーバーの機能が上手く調節する事ができずに肌トラブルを招いてしまいます。

肌のバリア機能を維持してくれる

肌には外部からの刺激などから守ってくれるバリア機能があります。肌のバリア機能の重要な役割として働いている成分は潤い成分です。

化粧水の潤い成分によって外部から肌への刺激を防いでくれます。

肌の潤いを保ってくれる

化粧水を使用する事によって肌に潤いを与えてくれて、肌のハリや弾力を与えてくれます。

しかし、化粧水のつけすぎは肌に余分に保湿を与えすぎてしまい、肌トラブルを招いてしまう可能性があるので注意しましょう。

化粧水以外のスキンケア化粧品も丁寧につけていこう

化粧水以外のスキンケア

化粧水で保湿をしただけでは、透明感のある美肌は作れません。

丁寧に化粧水で水分補給をしたら、美容液やクリームなどのアイテムを使って、美しい肌を作っていきましょう。

美容液でプラスアルファの効果を手に入れる

どのような肌状態になりたいのか、また、現在の肌トラブルや肌質によって、美容液によるスペシャルケアを加えていきます。必要に応じて適した美容成分が入った美容液を加えましょう。

美容液 効果
美白美容液 くすみや色素沈着、角質層の厚みが気になる方
ニキビ用薬用美容液 ニキビ肌や吹き出物が気になる方
敏感肌用美容液 肌状態が揺らぎがちな方
保湿美容液 乾燥が気になる方、肌荒れを防ぎたい方
エイジングケア用美容液 シワ・たるみ・毛穴の開きなどの対策をしたい方

くすみについて詳しく知りたい方はこちらの記事もご覧ください。

化粧水をつけたあとは必ず乳液やクリームを使用する

化粧水と美容液だけでは、肌は乾燥し、過乾燥になってしまいます。かならず乳液やクリームなどの油分が高いアイテムを使ってフタをするようにしてください。

クリームの使用量が少なすぎると顔を必要以上にこすることになってしまい、シワやたるみを作りやすくなります。

クリームの容器に記載されている量を守り、人肌温度で少し温めてから丁寧に肌内部に浸透させましょう。

化粧水は朝と夜2回にわけての使用がおすすめ

1日に1回だけの水分補給では、肌内部は乾燥してしまいます。 朝の洗顔後と夜の入浴後の2回は、化粧水で必要な水分を補給するようにしてください。

時には肌断食という選択肢も

肌に毎日水分と油分を与え続けていると、肌本来に備わっている水分と油分を作る能力や肌バリア機能が衰えてしまうという説も中にはあります。

時には化粧水を塗らないでクリームと美容液だけでお手入れを済ませたり、クリームやオールインワンゲルだけのシンプルケアをすることも効果的かもしれません。

ただし、肌断食中も、何も塗らないのはNGケアです。水分や油分が不足した乾燥状態がもっとも肌老化を進行させてしまいますので、かならずクリームかオールインワンアイテムだけでも丁寧に塗るようにしてください。

また、丁寧な洗顔で肌の汚れや古い角質を取り去ることも重要です。肌に汚れや不要な角質が残ったままになっていると、クリームの栄養成分が肌の奥にまで浸透できません。

化粧水のつけすぎには注意しよう

化粧水をつけることは、肌に水分をチャージするもっとも簡単な美容法です。しかし、つけすぎると過乾燥を招いたり、むくみや赤みなどの原因になってしまうことがあります。

適量と使用方法を守り、効果的に化粧水をつけるようにしてくださいね。

ピンチ01