「美容液とは」何と気になる方も多いのではないでしょうか?

化粧水よりもたくさんの美容成分が配合されている美容液は、毎日のスキンケアには欠かせない存在といえます。

しかし、種類や役割、使い方をきちんと知っていますか?今回は美容液について詳しくご紹介します。

美容液とは

美容液とは

美容液とは、美容成分が豊富に配合された化粧品です。基礎化粧品のひとつで、毎日のスキンケアに使用します。

多くの美容液は、濃縮された小さめのサイズとなっていることが一般的ですが、美容液の定義に明確なものはありません。

規定の条件がないため、美容液のテクスチャや成分などはさまざまなものが販売されています。

美容液はクリームと同様、美容成分の配合量が多く、肌にとどまる力も高められているため、比較的美容効果があらわれやすいアイテムです。したがって、どの美容液を選択するかでスキンケアの効果が大きく左右されます。

化粧水と乳液だけしか使っていないという人もいますよね。

美容液は絶対に使わなければならないというものではありませんが、スキンケアの効果を高めたいのであれば、ぜひとも毎日使いたいものです。

特に、肌悩みがある人や、いつまでも若々しい肌でありたいと願う人は美容液を活用しましょう。

美容液の種類には3つある

美容液には種類が多々ありますが、目的別でみると大きく3つの種類に分けられます。

1つ目は肌の潤いを保つことを目的とする保湿美容液です。乾燥は肌トラブルを起こすだけでなく、多くの人が悩むことでもあるため、美容液の中では、保湿美容液に分類されるものがもっとも多くなっています。

2つ目は、美白美容液です。日焼けによるシミ、そばかすを防ぐことを目的とし、メラニン色素の生成反応を抑えることによって美白効果を発揮します。

なお、美白という表記をするには、有効成分を配合した医薬部外品でなければなりません。

3つ目は、しわやたるみなどの加齢サイン対策のためのエイジングケア美容液です。主に肌の弾力を回復させる美容成分や、抗酸化成分などが配合されています。

美容液は基本的には3種類です。そのほかには、後に使う化粧品の吸収を高めるはたらきのある導入美容液や、ピーリング効果のある角質ケア美容液、ニキビ用美容液といったピンポイントの目的を持つ種類もあります。

美容液の役割とは?何のために使う?

美容液の役割について

では、美容液にはどのような役割があるのでしょうか。

基本的な役割は、美容成分を肌の角質層に届けることです。化粧水だけでは足りない美容成分を肌に与える目的がありますが、主に次のような効果を期待して利用されています。

肌の乾燥を防ぐ

美容液には保湿成分が豊富に含まれているため、肌の乾燥を防ぐことができます。セラミドやコラーゲンなどの美容成分が肌に潤いを与え、水分の保持にはたらきくことが特徴です。

保湿というと化粧水というイメージがあるかもしれません。しかし、化粧水に配合できる保湿成分は、水溶性のものが中心で、その量も限られています。

したがって、実際には化粧水だけでは十分な保湿は不可能です。美容液は、化粧水よりも高い保湿効果がありますので、乾燥が気になる人こそ美容液に着目しなければなりません。

小じわの目立ちを防ぐ

肌の乾燥が進むと、目尻などの肌が薄い部分に乾燥による小じわが発生してしまいます。美容液を使用すれば保湿効果が高まるため、乾燥じわが目立つのを防ぐことができます。

従来は美容液は角質層までの浸透とされており、しわのケアについては表皮の乾燥小じわに対して効果が期待できるにとどまっていました。

しかし、真皮層までアプローチできる成分ニールワンの登場により、美容液で一歩進んだしわ対策ができるようになりました。

日焼けによるシミを防ぐ

美白美容液は、メラニンの生成を防ぐ効果があり、日焼けあとに使用すれば、日焼けによるシミを防ぐことができます。

このメラニン生成を防ぐしくみにはさまざまな種類があります。メラニンを刺激する炎症や、メラニンを作る命令物質を抑えたり、肌のターンオーバーを高めてシミを早く排出するなどのはたらきがあります。

シミのあらわれ方や原因に応じて選択すると効果的です。

美容液の正しい使い方のポイント

美容液の正しいポイントについて

せっかくスキンケアに高価な美容液を使うのであれば、最大限の効果がほしいものです。そこで、美容液の正しい使い方について見ていきましょう。

美容液の使い方の基本

美容液は、導入美容液のように特別な種類のものや、特に指定されている場合を除き、化粧水の後、乳液の前に使用します。

できれば、化粧水をつけたあとの水分が豊富な状態で塗りましょう。美容液がスムーズに浸透されます。

塗るときは、いったん手に取り、体温であたためてから顔全体に直接やさしくなじませましょう。

このとき、強く叩いたり、こすったりしないようにせず、押さえて美容液を押し込むイメージで塗りましょう。軽くツボを刺激するのも効果的です。

また、塗ったあとは、軽くハンドプレスすると成分をしっかりと肌に留めることができます。

保湿と美白など、複数の美容液を併用する場合は、油分が少ないものを先、油分が多いものを後にすると、互いに浸透を妨げません。

美容液は気になる場所に部分的に使いがちですが、スポット専用のもの以外はしっかり全体に塗り広げることで、より肌への効果が実感できます。また、スペシャルケアではなく、毎日使用することが効果的です。

肌の状態に合わせて適量を使用しよう

美容液は、季節や肌のコンディションによってわざわざ使い分ける必要はありません。肌の状態に合わせて、量を調整すればよいのです。

ただし、使用量が少な過ぎると十分な美容効果が発揮されませんし、多過ぎても効果が高まるわけではありません。メーカーの定めている使用量を参考にしながら調整しましょう。

なお、脂性肌の場合には、Tゾーンにたっぷり美容液を使用すると、ニキビなどの肌トラブルの原因となる場合もありますので、量を適宜加減しましょう。

美容液を選ぶときに役立つポイント

美容液を選ぶとき

美容液にはたくさんの商品がありますが、どのように自分に合った商品を選んだらよいのでしょうか。選択に役立つポイントをご紹介します。

美容液の成分表示を確認する

まずは、美容液の成分から肌悩みや目的に合った美容液を選択してみましょう。

たとえば、コラーゲンやセラミド配合の美容液であれば、保湿を重視したものですので、乾燥に悩んでいる人にとって最適です。

目的にあう成分が配合されている美容液を選びましょう。人気や口コミも参考になります。まずは自分の目的にあっている商品かどうかが大切です。

また、複数の成分が含まれている美容液は、その配合成分の記載順をチェックしてみましょう。

多く含まれている成分が先に書かれていますので、どこに着目して作られた美容液であるかが判断できます。

テクスチャの好みで選択する

美容液には、エッセンスのような軽い使い心地のものから、油分が豊富なものまで多種多様です、脂性肌の人では、比較的軽い使い心地のものの方がベタつかず使いやすいでしょう。

ひどい乾燥に悩んでいる場合には、油分もある程度入っているものがおすすめです。

継続して続けるため金額も考えて選ぶ

美容液は毎日使用するものですが、化粧水や乳液などのアイテムと比較すると、量は少なく販売価格も高いです。高価な美容液には高い効果が期待できる美容成分が配合されています。

価格が高すぎると継続して使用することが難しくなってしまいます。継続して続けられる金額であるかどうかも、美容液選びのひとつのポイントとなるでしょう。

美容液を使用する目的を理解して美肌に

美容液は、スキンケアアイテムの中でも美容成分が豊富です。そのはたらきを最大限に活用できるよう、美容液を使用する目的をきちんと理解し、正しい使い方をマスターしましょう。